総務の名刺を作成する3つのコツとおすすめのサービス3選!

2020/11/05

総務の具体的な仕事内容や業務内容!

総務の仕事内容をチェック!

総務は会社や組織を円滑に動かすために、あらゆる業務を担当します。

「事務職なのでは?」「パソコンと向き合うだけなのでは?」とイメージしている方は多いものの、意外にもコミュニケーションスキルは大事ですよ。

以下では、総務の人が行う具体的な仕事内容や業務内容をまとめてみました。

  • 契約書管理
  • 保安や防災業務
  • 情報セキュリティの整備
  • 株主総会や取締役会業務
  • ホームページの管理業務
  • 安全衛生管理や福利厚生業務
  • 従業員の健康管理
  • リスクマネジメント
  • 環境対策や社会貢献活動

会社の規模によって違いがありますが、社員を一つにまとめて導く会社のレベルアップが総務の使命!

経営陣を含む社内の全ての部署と関係を持って広範囲な業務を行いますので、コミュニケーションスキルが重要なのはおわかり頂けるのではないでしょうか。

 

総務の名刺を作成する前に押さえておきたい3つのコツ!

名刺交換

総務の人も営業職と同じように、自分が何者なのか証明するツールの名刺を作成しておくべきです。

どんな業務においても名刺は欠かせないツールで、持っていないだけで社会人としての常識が足りないと思われやすいので気を付けないといけません。

※名刺交換における社会人の常識についてはこちら!

名刺を切らすのはダメ?名刺交換における社会人の常識を徹底解説!

総務の名刺を作成するに当たり、押さえておきたいコツやポイントは上記の3つです。

「どうやって名刺をデザインしたり作ったりすれば良いの?」と疑問を抱えている方は、こちらのページを参考にしてみてください。

 

1:名刺の中に記載すべき情報や項目を考える!

チェックポイント

総務の名刺に記載すべき情報や項目!
氏名 名刺の役割として最も重要で、読みづらい名字や名前には平仮名を振る
会社名 安心感を与えるために、株式会社や有限会社は正式名称を書く
部署名 大きな会社で部署が分かれている時は細かく記載する
役職や肩書き オーソドックスな横書きの名刺であれば氏名の左上に載せる
住所 会社や事業所の所在地を示すのはビジネスシーンにおいて重要
電話番号 会社代表の電話番号だけではなく個人の携帯電話の番号も記載する
メールアドレス 独自ドメインのメールアドレスがあれば信用度がアップする
ウェブサイトのURL 会社のホームページやサイトの情報も忘れずに入れておく

総務の名刺を作成するに当たり、上記の項目や情報を欠かせません。

自分の名前や連絡先など最低限記載すべき情報に加えて、自分の肩書きやウェブサイトのURLも大事ですね。

会社のキャッチフレーズやウェブサイトの二次元バーコード、SNSアカウントといった情報を必要に応じて入れると、更に効率良く自分をアピールできます。

※名刺の中にキャッチコピーやキャッチフレーズを入れて作成した方が良い理由はこちら!

キャッチコピーを入れて名刺を作成する3つのメリットと押さえておきたい4つのコツ!

総務に限った話ではありませんが、名刺を作成する時は情報の取捨選択をしっかりと行いましょう。

 

2:全体的な名刺のデザインを決める!

名刺のデザイン

総務の名刺を作成するに当たり、記載すべき情報や項目が決まった後は全体的なデザインを決めていきます。

名刺のデザインは第一印象を左右する要素と言っても過言ではなく、会社や自分のイメージに合っているのかどうかが大事ですよ。

総務や経理など事務職として働いている人には、下記のようなデザインの名刺がおすすめ!

エステティシャン美容師のように、女性が使う可愛らしいデザインの名刺が総務に合わないのは当然です。

仕事のイメージとあまりにもかけ離れていると、自分がどのような業務に携わっているのか名刺を渡した相手に伝えることができません。

そのため、総務は派手過ぎないシンプルなデザインテンプレートを使い、相手に好印象を残せる名刺を作成してみてください。

 

3:自分が取得した資格を記載してアピールする!

資格

総務が取得したい資格一覧!
マイナンバー実務検定 マイナンバー制度に関する知識を持っている証明になる
衛生管理者 清潔な職場環境を整える具体的な知識を得られる
ビジネスキャリア検定 企業の職務遂行に必要な実務能力を評価する試験
中小企業診断士 中小企業の経営診断の業務に従事する者
キャリアコンサルタント 職業選択や能力開発に関する相談や助言を行う者

総務や人事の業務内容は幅広く、あらゆるスキルを駆使して効率良く仕事を進めていかないといけません。

総務としてのスキルアップが目的で、資格の取得の勉強もしている方が多いですね。

上記の「マイナンバー実務検定」「衛生管理者」「ビジネスキャリア検定」「中小企業診断士」「キャリアコンサルタント」は、総務の人におすすめの資格!

自分が持っている資格は就職や転職で役立つのはもちろんのこと、名刺の中に記載してアピールすることもできます。

職場環境を整えるために具体的な知識を習得したいのであれば「衛生管理者」、将来的にマネジメントスキルも手に入れたいのであれば「ビジネスキャリア検定(1級)」など、自分のキャリアを考慮して取得する資格を決めましょう。

苦労して取得した資格はあなたの大きな武器になりますので、名刺の裏面に記載して自分をアピールしてみてください。

※裏面を活用した両面名刺のメリットはこちら!

両面の名刺を作成する3つのメリット!裏面を使っても良い?

総務の名刺作成におすすめのサービス3選!

印刷会社 Vistaprint デザイン名刺.net 東京名刺センター
100枚の名刺料金 980円~ 1,150円~ 見積もり
印刷用紙の種類 4種類 20種類以上 数種類以上
テンプレートの数 ★★★★★ ★★★★☆ ★★☆☆☆
総合評価 ★★★★★ ★★★★☆ ★★☆☆☆

上記の3つの印刷会社は、総務や人事の名刺作成におすすめのサービスです。

印刷会社によって名刺の印刷料金やデザインの種類には違いがありますので、選び方で迷っている方は参考にしてみましょう。

 

Vistaprint(ビスタプリント)

Vistaprint(ビスタプリント)

Vistaprint(ビスタプリント)は、総務の魅力を最大限に伝えられる名刺を作成できるネット通販のサービス!

他の印刷会社とは違うVistaprint(ビスタプリント)の強みは次の3つです。

  • シンプルなデザインからゴージャスなデザインまで幅広く用意されている
  • ウェブサイト上で自由に名刺をデザインして作成できる
  • 100枚当たりの印刷料金は980円と非常に安い
  • ビジネスで役立つ他のノベルティグッズも取り扱っている

料金の安さやデザインの種類で比較してみると、Vistaprint(ビスタプリント)は業界の中でもトップクラスです。

総務や人事担当者は普段の業務でやるべきことが多いため、自分でソフトを使って名刺を作成する方法はあまりおすすめできません。

Vistaprint(ビスタプリント)であればオンライン上で自由に編集して名刺を作成できる点も優れていますので、総務の自分に合うデザインテンプレートを探すことから始めてみてください。

 

参考 Vistaprint(ビスタプリント)の公式サイト

 

【口コミや評判は?】Vistaprint(ビスタプリント)のメリット9つとデメリット4つを徹底解説!

 

デザイン名刺.net

デザイン名刺.net

デザイン名刺.netが総務の名刺作成に向いているのは、ビジネスで使えるシンプルなデザインテンプレートが多いからです。

デザイン名刺.netのビジネス名刺は、シンプルながらも洗練されたシャープなデザインがたくさんありますよ。

ビジネス名刺

ビジネス名刺

好きなデザインを探し、中に記載する情報を編集して名刺の印刷を依頼すればOKです。

名刺の作成料金も安いので、デザイン名刺.netも選択肢の一つに加えてみましょう。

 

参考 Vistaprint(ビスタプリント)の公式サイト

 

デザイン名刺.netの基本情報・口コミの評判まとめ!

 

東京名刺センター

東京名刺センター

東京名刺センターは、法人向けの名刺作成サービスです。

「社員の名刺をまとめて注文したい」「印刷のコストを削減したい」と悩む会社をサポートしてくれます。

以下では、東京名刺センターが総務の名刺作成に向いている理由をまとめてみました。

  • ビジネス向けのシンプルなデザインで作成できる
  • WEB発注に対応で最短即日発送してくれる
  • オフセット印刷からデジタル印刷まで取り扱っている

法人名刺の取引き企業数では日本一の実績を誇っていますので、東京名刺センターに依頼すれば失敗はありません。

 

参考 東京名刺センターの公式サイト

 

まとめ

以上のように、総務の名刺を作成するコツやおすすめのサービス&印刷会社についてまとめました。

名刺の中に入れる情報を吟味したり見た目のデザインに拘ったりしていれば、魅力的な総務の名刺が出来上がりますよ。

名刺は社会人にとって欠かせないツールですので、細かい部分にも拘って慎重に作成してみてください。

よく読まれている記事

【おすすめ!】格安で名刺を作成する方法

格安で名刺を作成する方法をご紹介しています。名刺作成サービスのおすすめランキングもアリ。料金、納期、デザインなど、様々な基準で比較してみてください。 ...

-業種・職業