半透明でクリアな名刺を作成する5つのメリットとおすすめのサービス4選!

2020/03/06

半透明でクリアな名刺を作成する5つのメリット!

%e5%8d%8a%e9%80%8f%e6%98%8e%e3%81%ae%e5%90%8d%e5%88%ba%e3%82%92%e4%bd%9c%e6%88%90

半透明でクリアな名刺を作成する5つのメリット!
  • 「何それ?」「凄いですね」「オシャレですね」と珍しがられる
  • 表面から裏面が透けるようなかっこいいデザインでインパクトを強くできる
  • フィルムやプラスチックで作られているので雨に濡れてもふやけない
  • 折れたり曲がったりすることがなく、耐久性が高くて長持ちする
  • 名刺交換の際に話のネタを一つでも増やせる(コミュニケーションが取りやすくなる)

近年では紙素材で作られた名刺ではなく、半透明の名刺を作ってビジネスで勝負する方が増えました。

半透明の名刺はその名の通りクリアで表面から裏側が透けて見えているのが特徴で、オーソドックスな紙素材を使った名刺と異なるメリットは上記の5つ!

見た目のデザインがオシャレになるだけではなく、プラスチック素材で名刺の耐久性がアップするのも魅力的です。

※プラスチック素材の名刺を作成するメリットはこちら!

プラスチックの名刺を作成するメリットとおすすめのサービス3選!

少しでも目立つような名刺を作成すれば、自分の顔やイメージを相手の記憶に植え付けられます。

今のビジネスでは名刺交換をする頻度はかなり多く、1日で10枚以上を費やすケースも少なくありません。

取引先やお客様から何枚も名刺をもらっているあなたが相手の顔を覚えているのか想像してみてください。

中にはあまりにも印象が薄くて、会った一週間後には顔も名前も忘れてしまうことは意外と多いのではないでしょうか。

そんな時に半透明でクリアな名刺をもらえば忘れずに記憶に残る可能性が高いため、自分も相手に名刺を渡す時にインパクトを重視した方が良いわけですね。

 

半透明の名刺デザインのアイデア6選!

半透明の名刺デザインのアイデア

半透明でクリアな名刺を作成するに当たり、おすすめのデザインのアイデアをいくつか挙げてみました。

自力でレーザープリンタやインクジェットプリンタを使って作るのはほぼ不可能だとしても、専門サービスに依頼すればお気に入りの名刺に仕上げることができますので、参考にしてみてください。

  • ブルーのスケルトンで文字情報をコンパクトに抑えたデザイン
  • 中央部分を半透明に、他の場所を透明にした珍しいデザイン
  • 青や赤などカラフルさを取り入れたデザイン
  • 名刺全体に写真を使って透けて見えるデザイン
  • 歯のレントゲン写真を使った歯科医師の名刺
  • 表面にツヤがあって涼しげな印象を与えられるデザイン

「○○○のデザインでなければ見栄えが良くならない」というわけではありません。

半透明の名刺は作成する際に紙素材ではなく、プラスチック素材やフィルム素材を選択するだけで良いので簡単!

オシャレさを全面に出した名刺を作成して、ビジネスで勝負してみてはいかがでしょうか。

 

半透明の名刺を作成した人の口コミや評判まとめ!

このページでは、半透明の名刺を作成してビジネスやプライベートで勝負している方の口コミや評判の情報を紹介していきます。

半透明の名刺は、全体的な質感や高級感が遥かにアップします。

同じデザインでも印刷の素材を変えるだけで全く違った印象に仕上がりますので、半透明の名刺に満足している方は多いですね。

 

半透明でクリアな名刺を作成できるおすすめのサービス4選!

印刷会社 印刷屋さんにぶんのいち 名刺作成のファースト 東京名刺ランド YMCARD
100枚の名刺作成費用 3,800円~ 1,980円~ 400円~ 900円~
印刷用紙の種類 10種類以上 18種類 30種類以上 10種類
テンプレートの数 ★★★☆☆ ★★★★☆ ★★☆☆☆ ★★★☆☆
総合評価 ★★★★★ ★★★★☆ ★★★☆☆ ★★★☆☆

上記の4つの印刷会社は、半透明でクリアな名刺を作成できる代表的なサービス!

「半透明の名刺を作成できる=特殊な用紙を使って印刷する必要あり」と考えられますので、普通の印刷会社では取り入れられていません。

特別な印刷会社やサービスでのみ半透明の名刺は作成できますので、選び方の参考にしてみてください。

 

印刷屋さんにぶんのいち

印刷屋さんにぶんのいち

印刷屋さんにぶんのいちでは、「一味違うぞ」「印象が変わるよ」といった名刺の作成や印刷を提供してくれます。

中でもクリアな半透明のスケルトン名刺が人気で、ショップカードやポイントカードとして利用する方も増えました。

※名刺に加えてポイントカードを作成できるサービスや印刷会社はこちら!

名刺に加えてポイントカードを作成できるサービス3選!

印刷屋さんにぶんのいちで作成できる半透明のクリア名刺は1種類だけではなく、次のように幅広いデザインから選択できます。

印刷屋さんにぶんのいちの名刺素材 大まかな特徴
防水スケルトン名刺 水に濡らしても擦っても色落ちしない
スケルトン名刺 金/銀 銀の加工を施して神秘的な魅力を表現している
スケルトン ラメ 名刺を見る角度によってキラキラと色が変わる
スケルトン トレス 半透明の美しいデザインで受け取った相手に上品な印象を与える
スケルトン ホワイト ぼんやりと透けて相手へと優しい印象を与える
スケルトン 和紙 光を通す和紙の陰影がしなやかな印象を与える

どれも100枚単位で3,800円という料金で、法人だけではなく個人でも注文可能です。

「防水クリア」「防水マット」「防水ミラーマット」といった特殊でクリアな名刺を作りたい人は、印刷屋さんにぶんのいちに相談してみましょう。

 

参考 印刷屋さんにぶんのいちの公式サイト

 

名刺作成のファースト

名刺作成のファースト

名刺作成のファーストでは、半透明のフィルムを使って名刺を作成できるサービス!

「人とは違った名刺が欲しい」という方のために、社内会議を積み重ねてフィルム素材を採用しました。

名刺作成のファーストの半透明フィルムには次の4つの特徴があります。

  • ポリエステルベースなので万が一濡れたとしてもサっと拭き取るだけで済む
  • 0.21㎜と十分な厚さがあって、しなやかな弾力性を持っている
  • 湿気に強いので時間の経過によって用紙がカールする心配がない
  • 見る角度を変えることでパールの質感が上品にキラメキを与える

デザインに関してはシンプルなものからゴージャスなものまで非常に多く、どのテンプレートでも半透明フィルムは使用できます。

半透明フィルム

片面モノクロの名刺は100枚で3,980円~、片面カラーの名刺は100枚で4,580円~で作成できますので、半透明名刺を手に入れて他者と差別化を図りましょう。

 

参考 名刺作成のファーストの公式サイト

 

東京名刺ランド

東京名刺ランド

メジャーな印刷会社ではありませんが、東京名刺ランドではフィルム素材を使った半透明の名刺を作成できます。

クリアで透ける名刺を作成したい方は、次の4種類の用紙から選択しましょう。

東京名刺ランドの用紙 大まかな特徴
ホワイトフィルム 特殊な加工でツルツルとした表面が魅力的
半透明フィルム 写真やカラーのベタ塗りでも用紙の良さが際立つ
半透明フィルムホワイト 白色と透明感の風合いを上手くマッチさせた素材
半透明厚口(トレペ) トレーシングペーパー素材で作られた用紙

フィルム素材に加えて紙で作られた特殊紙も数多く、同じデザインでも選択する用紙によって見た目の印象は変わります。

東京名刺ランドでは名刺用紙の無料サンプル配布サービスが実施されていますので、オンライン上で購入する前に請求してみてください。

※注文する前に無料サンプルを請求できる名刺作成サービスはこちら!

名刺の作成前にサンプルを請求できるサービス3選!

 

YMCARD

YMCARD

「特別な名刺が欲しい」「紙素材とは違ったクリアな名刺を作りたい」と考えている方には、YMCARDによるオフセット印刷がおすすめです。

YMCARDでは一般的な上質紙やマット紙に加えて、次の用紙が用意されています。

  • クールでスタイリッシュな印象を与えられる「シルバー」
  • プラスチック名刺の中でも使われる機会の多い「ホワイト」
  • 最高の印刷技術であなたの品格を高める「プラチナゴールド」
  • インパクトのある独特な透明名刺の「ヌード」
  • 鮮やかな色味と透明感の両方を持ち合わせた「ヌードプラス」

水に濡れても破れたりふやけたりする心配は一切ありませんし、環境に優しいPET(Polyethylen Terephthalate)素材を使っているのもおすすめポイント!

高所得事業者や専門職従事者も積極的に使っていますので、ビジネスツールとして取り入れてみてはいかがでしょうか。

YMcardの基本情報・口コミの評判まとめ

 

半透明でクリアな名刺を作成する5つのデメリット…

デメリット

半透明でクリアな名刺を作成する5つのデメリット…
  • 特殊な用紙を使って作成する形となるので1枚当たりのコストパフォーマンスが悪い
  • デザインで使用する配色によっては文字が読みにくくなってしまう
  • プラスチックにツヤ消し加工を施すと、サラサラになる代わりにクリアではなくなりやすい
  • 名刺ケースの中に入れておくと摩擦で小さな傷がつくので保管方法に注意が必要
  • 基本的に片面にしか文字を印刷できないので入れる情報量が限られてしまう

インパクトを与える意味では、文字だけのモノクロ名刺よりもかっこいいデザインで更に半透明の用紙や素材を使うべきですね。

しかし、オーソドックスな紙素材の名刺と比較してみると、半透明でクリアな名刺には上記の5つのデメリットあり…。

名刺交換をする頻度が多い方は当然のように金銭的な負担が大きくなりやすいため、慎重に印刷会社を選ばないといけません。

また、文字の情報量も限られますので、「プロフィールや経歴などたくさんの情報を書いて相手に伝えたい」と考えている方には適していません。

「デザインだけ色鮮やかにして格安の料金で名刺を作成したい」という方には、ネット通販で評判のVistaprint(ビスタプリント)をおすすめします。

Vistaprint(ビスタプリント)は100枚で980円という圧倒的に安い料金が魅力的ですので、コストを抑えて名刺を作成したい方は利用してみましょう。

 

参考 Vistaprint(ビスタプリント)の公式サイト

 

Vistaprint(ビスタプリント)の基本情報・口コミの評判まとめ!

 

まとめ

名刺を渡した時に相手の記憶に自分の存在を残したいのであれば、半透明でクリアな名刺がおすすめです。

他の人とは違った名刺を作成することで、確実にインパクトがアップして自分の顔を覚えてもらえる確率が高くなりますよ。

「印刷屋さんにぶんのいち」「名刺作成のファースト」「東京名刺ランド」「YMCARD」といった印刷会社で半透明の名刺は作成できますので、是非一度依頼してみてください。

よく読まれている記事

【おすすめ!】格安で名刺を作成する方法

格安で名刺を作成する方法をご紹介しています。名刺作成サービスのおすすめランキングもアリ。料金、納期、デザインなど、様々な基準で比較してみてください。 ...

-デザイン