名刺作成.JP

【おすすめ!】格安で名刺を作成する方法

格安で名刺を作成する方法

名刺作成サービスのおすすめランキング

格安!名刺作成サービスのおすすめランキング
名刺を作成・印刷するにあたっては専門のサービスを利用するのが簡単で早く、何よりも仕上がりがキレイです。

当サイトでは、格安の料金で名刺を作成・印刷したい方のために、おすすめのサービスをランキング形式で紹介しつつ、スペックを細かく比較しています。

  • 格安で安心・安全な名刺作成サービスがいい
  • だけど、どの名刺作成サービスが良いのか分からない
  • また、どのような基準で選べば良いのか知りたい

上記のような方は是非このサイトを参考にしてみてください。

相場よりも安い料金で提供されているという点、知名度の高い会社が運営している(安心・安全)という点をクリアした名刺作成サービスの中から選びました。

テンプレートを使えばデザイン代は無料ですし、専用のプリンタや用紙を購入したりカットしたりと自分で名刺を作成するよりも経済的・時間的なコストを抑えられます。

まずは全国に数百以上存在する名刺作成・印刷サービスの中からを3つに激選して紹介します。

1位 Vistaprint(ビスタプリント)

Vistaprint(ビスタプリント)
当サイトのおすすめランキングで1位にしている名刺作成サービスがVistaprint(ビスタプリント)です。

名刺だけではなくオリジナル販促グッズやノベルティの作成といったプロモーション製品も提供しています。

Vistaprint(ビスタプリント)は日本でも少しずつ知名度が上がってきていますが、世界中で1,500万人のユーザーから利用されている名刺作成サービスであり、世界最大の印刷通販会社です。

  • ビジネス名刺やプライベート名刺が100枚で980円という格安の料金で提供されている
  • 無料で使用できるデザインテンプレートが6,000種類以上も用意されている
  • オンライン上で文字サイズの選択や配置など自由に作成して印刷を依頼できる
  • Illustrator(イラストレーター)などのソフトを使って完全データを入稿すれば高品質に仕上げてくれる
  • 裏面をフル活用したり両面光沢仕上げを施したりと個人の好みに合わせて作れる
  • 文字を厚塗り加工した文字DECO名刺やデザインに厚塗りを施したデザインDECO名刺を作成できる

このような特徴がVistaprint(ビスタプリント)にはあり、社員の名刺を作る法人やフリーランスのビジネスマン、プライベート名刺が欲しいと考える個人から人気を得ています。

100枚で980円という格安の料金ですし、4,500円以上の注文であれば通常500円の送料も無料になります。

注文画面も使いやすいので、初めて名刺作成サービスを使う方には特におすすめです。

 

 

Vistaprint(ビスタプリント)を利用するにあたって、どのような流れで名刺を作成できるのか見ていきましょう。

  1. 公式サイトにアクセスして「こちらからスタート」を選択する
  2. デザインテンプレートはカテゴリーやカラーなど様々な項目で検索可能
  3. 名前や住所、電話番号やメールアドレスなど個人情報を入力する
  4. テキストボックスはドラッグ&ドロップして自分の好みで配置の変更が可能
  5. プレビュー画面で特に問題が無ければ「次へ進む」をクリックする
  6. 初めてご利用する方は会員情報を入力して登録する
  7. 「100枚」「200枚」「300枚」など欲しい数量を選択する
  8. 両面光沢仕上げやホワイトマットなどオプションを決める
  9. 支払い方法を決めてクーポンコードをお持ちの方は入力する
  10. 「注文する」をクリックして自宅へと納品されるのを待つ

全てオンライン上で作成と印刷の依頼ができ、納期も比較的短めに設定されているので直ぐに名刺が欲しい方にも適したサービスです。

 

2位 ラクスル

ラクスル
安いのにも関わらず高品質な名刺を格安の料金で作成できると評判を得ているのがラクスルです。

東京の秋葉原や市ヶ谷、新宿南口や八丁堀といった場所に実店舗も構えていて、一度見掛けたことがある方もいるかもしれません。

ラクスルで名刺を作成するに当たり、どのような点がおすすめなのか下記ではまとめてみました。

  • 両面カラー名刺100枚がワンコインの税込み500円で作成できる
  • 通常サイズ名刺や欧米サイズ名刺など用途に合わせて大きさを変更できる
  • そっくり名刺や翌日バイク便、店頭受け取りなどサービスが多種多様
  • 光沢紙やマット紙、上質紙などお好きな用紙から選択して作成できる
  • 50,000部まで注文できる(公式ホームページで表記されている最大枚数)
  • 折りパンフレットやポストカードなど名刺以外の印刷物も注文可能

テンプレートをダウンロードするだけではなく、Word(ワード)やPowerPoint(パワーポイント)でデータ入稿して注文することもできます。

※ラクスルの公式サイトでは「色が変わってしまった」「書体が変わってしまった」というトラブルを未然に防ぐために、Officeデータの疑問を解決しているコンテンツも準備されています。

 

 

3位 スピード名刺館

スピード名刺館
ハンコヤドットコムから提供されているスピード名刺館は、1年間で34万件の出荷実績を誇る大手のサービスです。

「早く名刺を作成したい」「商談まで時間がない」といったビジネスマンのために、54円をプラスして即日出荷サービスを利用できるところが魅力的なポイントの一つとなっています。

平日の12時までの注文で利用でき、名刺以外にも実印やシャチハタの作成も即日出荷サービスの利用が可能です。

他にも、スピード名刺館のおすすめポイントについて詳しく見ていきましょう。

  • データ入稿名刺でもテンプレートを使った名刺も両方作成できる
  • Illustrator(イラストレーター)を使って拘りの書体やロゴを選んで印刷できる
  • 作れる!簡単名刺を選択すれば50枚の名刺の作成が1,240円とお手頃
  • 創作書家が作成する拘りのあるデザインの筆文字を使った名刺を印刷してくれる
  • 期間限定で100枚以上の名刺を注文した方のために増量キャンペーンが行われている

即日出荷サービス以外にも上記の特徴を持ち、安さや品質にも拘っています。

100枚の注文で+15枚、200枚の注文で+50枚といった増量キャンペーンは期間限定なので、詳細はスピード名刺館の公式サイトで確認してみてください。

 

 

4位 プリスタ。

プリスタ。
名刺100枚が140円という激安価格で提供されている名刺作成サービスがプリスタ。です。

「自宅でオリジナルの名刺を作るよりも圧倒的に安いのではないか?」と驚いた方も多いのではないでしょうか。

片面モノクロなのか両面カラーなのかによって値段には違いがありますが、激安価格で提供されている点では一緒です。

他にも、以下ではプリスタ。のおすすめポイントを幾つか挙げてみました。

  • 600種類以上のデザインテンプレートが用意されていて自由に編集できる
  • 和風紙やアイボリー紙など取り扱い用紙は50種類を超えている
  • 急ぎで名刺が欲しい方のために超特急仕上げという短納期サービスを利用できる
  • お手持ちの名刺をそのまま作るスキャニングサービスが実施されている
  • 名刺やチラシを注文して印刷してもらう前にサンプルを請求できる
  • 一般的な名刺のサイズだけではなく定形外サイズも選択できる(オプション料金が発生する)

激安料金が印刷通販業界では注目を集めていますが、ただ料金を安くするだけではなく、ユーザーが満足できるようなサービスも順次導入されています。

 

 

名刺作成サービスを徹底比較

名刺作成サービスを徹底比較

名刺作成サービスの特徴・スペックを比較表でまとめてみました。

横にスクロールできます。

サービス名 100枚の料金 1,000枚の料金 送料 テンプレートの種類 納期 加工オプション
Vistaprint(ビスタプリント) 980円 7,200円 500円(4,500円以上で無料) 6,000種類以上 4営業日 両面光沢仕上げ
ラクスル 463円 3,860円 470円 30種類以上 1営業日からOK PP(ポリプロピレン)加工
スピード名刺館 2,480円 不明 540円(5,400円以上で無料) 500種類以上 即日OK ツヤ消し加工
プリスタ。 140円 3,780円
(3,000枚)
160円~ 600種類以上 1営業日 角丸加工
マヒトデザイン 160円 1,440円 380円 500種類以上 即日OK 角丸加工
銀座名刺 980円 4,900円
(500枚)
300円 10万種類以上 1営業日から 金箔(押し無し)
デザイン名刺.net 1,150円 不明 432円 2,000種類以上 3営業日 ロゴトレース
YMcard 900円 6,500円 無料 1,000種類以上 1営業日 プラスチック名刺

 

加えて、「名刺を作成したいけど、サービスの選び方が分からない、どのような基準で比較すれば良いのか知りたい」という方向けに、

  1. 料金(最安値)
  2. 納期(急ぎなら最短即日)
  3. デザイン(おしゃれ・かわいいテンプレート)
  4. 高品質・高級感

それぞれの基準で最適な名刺作成サービスを紹介します。

1.料金(最安値)で選ぶ

格安の料金で名刺を作れるのかどうかで名刺作成サービスを徹底比較してみました。

「10枚で○○円」「100枚で○○円」「500枚で○○円」とサービスによって料金設定には大きな違いがあります。

その中でも最安値で作成できるところに焦点を当ててで選ぶのならばラク紹介しているので参考にしてみましょう。

プリスタ。

プリスタ。
数多くの名刺作成サービスの中でも業界最安値と言われているのがプリスタ。です。

幾つかのコースがあるので一概には説明できないものの、上質紙180㎏を使用したライトプランに関しては以下のような料金設定となっています。

印刷タイプ 料金
片面モノクロ 140円
両面モノクロ 240円
片面カラー 340円
表面カラー/裏面モノクロ 440円
両面カラー 540円

何と片面モノクロならば100枚の名刺が140円という激安価格で、Amazonでエーワンやキングジムから販売されている名刺台紙を購入して自宅でプリントアウトするよりも圧倒的に安いのです。

豊富なデザインテンプレートから選んで編集できますし、オプション料金を支払えば自分の好みに合った特殊な用紙を使って印刷をお願いすることもできます。

 

>>> プリスタ。の基本情報・評判

 

マヒトデザイン

マヒトデザイン
オンデマンド印刷で名刺を作成できるサービスとしてマヒトデザインが挙げられ、最安値はバリュー印刷紙を使用した160円と設定されています。

印刷タイプ 料金
片面モノクロ 160円
両面モノクロ 290円
片面カラー 390円
表面カラー/裏面モノクロ 490円
両面カラー 590円

両面カラーでも100枚の名刺が590円という安さで、即日出荷サービスやPaid決済といったシステムの導入もマヒトデザインの特徴です。

AdobeのIllustrator(イラストレーター)を使った完全データ入稿やWeb上で作成するデザイン注文、そっくり名刺印刷など自由に選べるのもメリットだと言えるでしょう。

 

>>> マヒトデザインの基本情報・評判

 

2.納期(急ぎなら最短即日)で選ぶ

名刺を切らしていることに気付かず、急ぎで作成して欲しい方には納期が短めに設定されているサービスの利用がおすすめです。

最短で即日で発送したり店頭受け取りができたりというサービスが増え始め、ビジネスマンにとってありがたい存在なのは間違いありません。

以下では、「短納期」「即日出荷」という点で比較して幾つかのサービスを紹介しています。

ラクスル

ラクスル
納期が短くて急ぎで名刺を作成して欲しい方に適しているのがラクスルです。

受付日から1営業日発送で注文した名刺を届けてくれるので、短納期で選ぶのであればラクスルが良いでしょう。

また、ラクスルでは納期の長さによって名刺の作成にかかる料金が変わるという特徴があります。
<100枚の通常サイズ名刺の印刷>

納期 料金
1営業日後 1,400円
2営業日後 1,200円
3営業日後 800円
5営業日後 600円
7営業日後 463円

お急ぎの方は1営業日後のプラン、少しでも安い価格で注文したい方は7営業日後のプランを選択してください。

 

>>> ラクスルの基本情報・評判

 

スピード名刺館

スピード名刺館
ビジネスシーンを応援している名刺作成サービスがスピード名刺館で、即日出荷に対応しているのでお急ぎの方におすすめです。

オンライン上で簡単に注文でき、12時までに完了させれば+54円で即日で出荷してくれます。

「土日や祝祭日はNGで平日のみ」と定められているものの、短納期で発送してくれるのがスピード名刺館の特徴です。

  • 友人からとても早いと聞きました
  • 分かりやすいHPで注文しやすかった
  • 即日出荷サービスにはお世話になっています

上記のような口コミの評判を得ており、短納期に拘っているからこそ「スピード名刺館」という名称通りですね。

 

>>> スピード名刺館の基本情報・評判

 

3.デザイン(おしゃれ・かわいいテンプレート)で選ぶ

名刺の第一印象を決めるのは全体的なデザインと言っても過言ではなく、名刺を渡された相手は最初に全体像を見てから名前や会社名などの詳細情報をチェックする傾向があります。

つまり、名刺の中に表記する個人情報に加えてデザインの選び方が大事なのは間違いありません。

  • おしゃれなテンプレート
  • かわいいテンプレート
  • ゴージャスなテンプレート
  • POP(ポップ)なデザイン
  • ナチュラルなデザイン
  • 他人の気を引くデザイン

このようなテンプレートを数多く用意している名刺作成サービスは増えており、多種多様のデザインの中から選べるようになりました。

以下では、デザインで選ぶに当たっておすすめのサービスを幾つか紹介しているので参考にしてみてください。

Vistaprint(ビスタプリント)

Vistaprint(ビスタプリント)
デザインテンプレートの種類の多さで比較するのならばVistaprint(ビスタプリント)がおすすめです。

Vistaprint(ビスタプリント)では6,000種類以上のテンプレートが取り入れられており、どれを選んでも100枚980円という格安価格で注文できます。

数年前までは2,000種類程度しか用意されていなかったので、日に日に増えて選択肢の幅が広がっているのです。

  • 芸術や美容などの「業種カテゴリー」
  • エレガントやシンプルなどの「スタイル・テーマ」
  • ヨコやタテなどの「向き」
  • 赤や青などの「色・カラー」

このような点で絞ってデザインテンプレートを検索できるので、Vistaprint(ビスタプリント)は自分や会社のイメージに合った名刺を探しやすいのではないでしょうか。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の基本情報・評判

 

銀座名刺

銀座名刺
デザイン数が世界一と言われている名刺作成サービスが銀座名刺です。

銀座名刺ではフルカラー100枚の名刺が1,980円、200枚で3,960円と他の会社と比較して高めに設定されている代わりに、約10万点のテンプレートからお好きなものを選択できます。

  • センスのあるビジネスインパクト
  • 生命力を表現した動物
  • 知的な印象を与える西洋アート
  • 高級感を演出するゴールド
  • 親近感を生む日本古来の和風模様
  • ホステスやホストなどお水で輝く銀座の夜の物語
  • インパクトのあるCG(グラフィック)

上記のようなカテゴリー別で様々なデザインテンプレートが用意されており、購入金額別で豪華なプレゼントが貰えるキャンペーンも行われているので銀座名刺はお得です。

 

>>> 銀座名刺の基本情報・評判

 

4.高品質・高級感で選ぶ

ここでは「高品質のサービスを利用したい」「高級感のある名刺を作成したい」という方におすすめの会社を幾つか紹介しています。

「どこに依頼して印刷してもらったとしてもプロだから変わりはない」と考えている方は多いかもしれません。

しかし、選ぶサービスによって似たデザインでも仕上がりには違いが出るので、高品質・高級感で選びたい方は下記を参考にしてみましょう。

デザイン名刺.net

デザイン名刺.net
お手頃な価格で高品質な名刺を作成したい方にはデザイン名刺.netがおすすめです。

名前に「デザイン」と入っているだけあって高級感のある名刺が作成でき、以下のようなカテゴリーでお好みのものを選択できます。

  • ビジネス名刺
  • プライベート名刺
  • クリエイター名刺
  • おやこ名刺
  • ペット名刺
  • シニア名刺
  • スポーツ名刺
  • 金銀名刺

トータルのデザインは2,000種類以上と豊富ですし、デザイン名刺.netではパソコンをお持ちでない方でもスマートフォンから注文可能です。

 

>>> デザイン名刺.netの基本情報・評判

 

YMcard

YMcard
名刺に高級感があるかどうかは選択する用紙で決まるという特徴があります。

このページで紹介しているYMcardではヌーボーやリネン、マシュマロやティントレットホワイトなど高級紙を使った印刷が可能です。

100枚で1,900円と作成にかかる料金が少々高くなるのは残念ですが、通常の上質紙を使用するよりもインパクトを与えられます。

材質に特徴のある高級紙は14種類から選択できるので、YMcardの公式ホームページでチェックしてみましょう。

 

>>> YMcardの基本情報・評判

 

名刺作成の基本は3つ

名刺を作成するに当たり、ビジネスでもプライベートでも基本は「用紙」「サイズ」「色」の3つとなっています。

選び方によって名刺全体の印象が大きく変わり、どのような点に着目すれば良いのか以下ではまとめてみました。

用紙の種類・紙質

用紙の種類・紙質

用紙の種類や紙質は多種多様で、依頼する名刺作成サービスによって異なります。

同じデザインや文字の配置でも用紙を変えるだけで全体的なイメージには違いが出るので、選択できる用紙の種類で比較するのは選択肢の一つです。

以下では、どのような紙質を使って名刺を作成すれば良いのか紹介しているのでチェックしておきましょう。

 

上質紙

数多くのサービスが使っている紙質の一つが上質紙で、最もオーソドックスとなっています。

「普通の紙」と言うのが簡単で、可もなく不可もなくといったところでしょうか。

悪く言えば特徴が一切ありませんが、名刺だけではなくチラシやポスター、ハガキや冊子などありとあらゆる印刷物として使われています。

コート紙

上質紙の中にコート剤のクレーがコーティングされている用紙がコート紙です。

テカテカ・ツルツルという特徴があり、発色がしっかりとしているので満足のいく仕上がりになるのは間違いありません。

名刺では分厚い用紙、ポスターでは薄い用紙と印刷する製品に合わせて使い分ける必要があります。

マット紙

ソフトな肌合いで落ち着いたイメージを与えられる紙質がマット紙です。

写真のノリも良くて明るさと清潔感があり、顔写真やイラストを余白部分に取り入れた名刺を作成しようと考えている方に適しています。

ヴァンヌーボ

明るい白さと温かみを持った日本人にピッタリの用紙がヴァンヌーボです。

ヴァンヌーボは高級紙の一つなので印刷として使える名刺作成サービスは少ないものの、光沢感もあるので仕上がりのイメージは十分に満足できるでしょう。

マシュマロ

純白で真っ白の滑らかな紙質の用紙がマシュマロで、エレガントなデザインになるのが特徴です。

光沢や耐水性は一切ありませんが、筆記特性は高いのでボールペンで手書きのサインを名刺に入れて配りたい方に適しています。

プラスチック

「透明で表から裏まで透けるような名刺を作成したい」という方に適している材質がプラスチックです。

特殊紙としてプラスチックを取り入れているサービスは意外と多く、紙素材ではないので耐久性や耐水性は抜群となっています。

分厚い紙質でも時間の経過でフニャフニャになったり折れたりするので、「長く保管して頂きたい」という願いを込めてプラスチックの名刺を作成するのは良いかもしれません。

クリアカット

用紙の材質というわけではないものの、自宅で名刺を作成するのならばクリアカットがおすすめです。

クリアカットタイプの用紙は意外と多く、電動名刺カッターを使わなくても印刷した後に軽く力を入れて切り取るだけで名刺のサイズにカットできます。

電動名刺カッターを購入するにはコストがかかりますし、定規とハサミを使うと失敗して側面がガタガタになりやすいのでクリアカットタイプの用紙を選びましょう。

サイズや大きさ

サイズや大きさ

「名刺のサイズは○○○」とは決まっておらず、基本的には個人の自由となっています。

もちろん、ビジネスで使用するオーソドックスなサイズはあらかじめ決められているので、どのような違いがあるのか見ていきましょう。

 

一般的な名刺のサイズ

一般的な名刺のサイズは「55mm×91mm」で、この基準に則って名刺作成サービスで印刷できます。

「55mm×91mm」の名刺は4号と呼ばれており、インチで計算するのならば「約2.17×3.58」です。

オーソドックスなピクセルや寸法と言えますし、名刺入れもこのサイズに合わせて作られていることが多くなっています。

海外(欧米)の名刺のサイズ

日本のビジネスの現場で使われているのは「55mm×91mm」ですが、実は海外(欧米)では「51㎜×89㎜」と一回り小さいのが特徴です。

欧米サイズや英文サイズと言われていて、外資系の企業ではこのスリムな形状の名刺を専門のサービスへと依頼して作っています。

  • 日本⇒最初の挨拶代わりとして名刺を交換する
  • 欧米⇒別れ際に連絡先の交換として名刺を渡す

日本と海外で名刺の使い道や渡すタイミングには違いがあれど、ビジネスにおいて欠かせないツールなのには変わりないでしょう。

女性の名刺のサイズ

女性用の名刺のサイズは一般的な大きさと比べて一回り小さい3号の「49㎜×85mm」が使われています。

欧米の「51㎜×89㎜」よりも小さく、コンパクトで可愛らしいので女性から人気を得ているのです。

企業によっては男女で区別しないで一般的なサイズで統一していることが多いのですが、洋服店や美容室で店員が持つ名刺やショップカードとしては女性用の3号(49㎜×85mm)が良いかもしれません。

文字のサイズやフォント(書体)

名刺全体の大きさではなく、文字のサイズやフォントに気を配るのも名刺を作成する上で欠かせないポイントとなっています。

  • 文字があまりにも大きい⇒記載できる情報が少なくなる
  • 文字があまりにも小さい⇒視認性が下がって読みにくい

このような弊害があるため、デザインだけではなくどんな大きさの文字を入れるのか事前に考えておかなければなりません。

また、全ての情報を同じ文字サイズで統一するのではなく、メリハリをつけるのも重要なので目安を以下では幾つか挙げてみました。

  • 最重要項目の名前は18pt~19ptにする
  • 連絡先などの情報は7pt以上にする
  • 6.5pt以下は見にくいので使わない

フォントや書体の種類に関しては明確な決まりはありませんが、読みやすさを重視するのならば明朝体やゴシック体、教科書体や有沢隷書が適しています。

古風なイメージを植え付けたいのならば太楷書体(ダイナフォント)や楷書MCBK1(モリサワ)といった楷書体も良いでしょう。

ただし、名刺のインパクトを強めたいからといってフォントのバリエーションを多くし過ぎると野暮ったいデザインになるので注意してください。

色やカラー

色やカラー

名刺の色は全体のイメージを決める上で重要なポイントとなっています。

最初にテンプレートを選んで作成する場合はあらかじめ決められているので、自社のイメージやコーポレートカラーに合わせるのが良いでしょう。

 

モノクロの名刺

シンプルで清潔感のある名刺を作成したいという方にはモノクロが適しています。

白と黒など単色で構成された名刺をモノクロ名刺と呼び、専門のサービスへと依頼すれば100枚で150円~500円といった価格で注文可能です。

「名刺は専門のサービスへと依頼するよりも自分でオリジナルのものを作った方が良い」と考えている方は多いかもしれません。

しかし、様々な印刷サービス同士の競争が現在では激化しており、たったの数百円で注文できるので自分で作るよりも圧倒的にお得です。

フルカラーの名刺

「シンプル過ぎるのはちょっと・・・」「少しでも目立たせたい・・・」という方にはフルカラーの名刺が適しています。

その名の通り様々な色を使ってデザインを構成しているので鮮やかなイメージに仕上がり、モノクロ名刺と比較して1枚当たりのコストが高くなるのが特徴です。

近年ではオフセット印刷やオンデマンド印刷など印刷技術が向上し、モノクロでもフルカラーでも名刺作成サービスへと依頼して作ってもらうことができるようになりました。

また、基盤となる色によって相手に与えるイメージは異なり、どのような違いがあるのか見ていきましょう。

色(カラー) イメージ
赤(レッド) 「元気」「生命」「情熱」「エネルギッシュ」
青(ブルー) 「信頼感」「クリア」「清潔感」「冷静」「クール」
黄(イエロー) 「陽気」「注意力」「明るさ」「賑やか」「活動的」
緑(グリーン) 「癒し」「自然」「安らぎ」「安全」「リラックス」
桃(ピンク) 「フェミニン」「エロティック」「優しさ」「癒し」
橙(オレンジ) 「陽気」「カジュアル」「気分転換」「暖かみ」
紫(パープル) 「高貴」「神秘」「妖艶」「華やか」「ミステリー」

このように、第一印象を大きく左右するのが色なので、どんなカラーをベースにして名刺を作成すれば良いのか考えてみてください。

名刺を作成する方法は2つ

名刺を作成する方法は業者への外注と自作の大まかに2つとなっています。

それぞれの方法によってどのような違いがあるのか以下ではまとめてみました。

(法人向け)簡単!業者に外注する

(法人向け)簡単!業者に外注する
法人向けの名刺作成方法が業者への外注で、簡単な注文で印刷してくれるのが大きな特徴です。

現在では格安の価格で名刺を作成できるサービスが増え始め、社員全員の名刺を作成するために企業の担当者が利用しているケースは多いのではないでしょうか。

また、業者への外注と一口に言ってもネット注文と店舗注文の2種類に分けられます。

ネット注文

様々な方法の中でも最も簡単なのがネット注文やオンライン注文で、パソコンだけではなくスマホでも作成できるようになりました。

名刺作成サービスによって多少の違いはあるものの、どのような流れで発注するのか見ていきましょう。

  1. 名刺作成サービスの公式ホームページへとアクセスする
  2. 「デザインテンプレートを選択」or「データ入稿」
  3. 文字サイズやフォントを決めて配置も自分で選択
  4. プレビュー画面で名刺の全体像をチェック
  5. 問題なければカートへと入れて注文の手続き
  6. 「クレジットカード」or「銀行振込」
  7. 一定期間の納期後にオフィス(自宅)へと届けられるのを待つ

ネットショップでの注文の流れは簡単ですし、一度に10,000枚を超える発注も可能なので法人におすすめなのは間違いありません。

そもそも、余程の小さな企業でなければ社員の名刺を手作りするのは不可能ですし、「安い」「デザインが良い」「早い」という点で比較して利用するサービスを選んでみてください。

店舗注文

名刺は業者の実店舗へと出向き、その場で注文することもできます。

近年ではインターネットの発達でネット注文を選択する個人や企業が多くなったものの、店頭受け取りサービスを実施しているところは少なくありません。

東京や大阪といった場所ならばメジャーなところからマイナーなところまで様々な会社が印刷サービスを行っていて、配送料や手数料を取られないのがメリットです。

名刺の持ち込み

法人に限らず個人のビジネスマンも利用できますが、名刺やデータの持ち込みは非常に便利です。

今まで使っていた名刺の原本を実店舗へと持ち込んだり、作成データをUSBメモリーへと保存して足を運んだりして印刷してもらうことができます。

  • キンコーズ:データ持ち込みプランの利用で3時間のスピード仕上げが可能
  • ラクスル:「そっくり名刺プラン」はデジカメやスキャナーのデータを送るだけ
  • 名刺屋ドットコム:お客様が事前に作成したイラストレータファイルを入稿

上記のように名刺の持ち込みプランを設けているサービスは多く、スピード仕上げしてくれるのでその場で受け取ることも可能です。

郵送

お手持ちの名刺をそっくりそのまま作って欲しい際には、郵送で名刺を送って印刷を依頼することができます。

  1. 専用のフォームから申し込む
  2. 指定の住所へと名刺を郵送する
  3. 会社でデータを作成する
  4. 校正の必要がなければ印刷に入る
  5. 請求方法を選択した後に納品される

郵送にかかる費用は自費で負担しなければならないものの、専用のソフトで作成するデータをお持ちでない方におすすめです。

また、インターネットで注文する方法と大きな違いはないかもしれませんが、店舗へと足を運んで名刺を注文し、郵送で自宅やオフィスへと送ってもらうこともできます。

例えば、プリスタ。では一口に郵送と言っても以下のように様々な方法から選択可能です。

手段 納期 料金
宅急便 14時までの注文ならば当日出荷可能 650円
クロネコDM便 出荷してから2日~4日後 160円
ネコポス 翌日にポスト投函 260円
大阪市内当日便 14時までの注文でその日にお届け 540円
店頭引き取り 送料は一切発生しないのでお得 0円

送料や納期には違いがあり、どの方法で注文すれば良いのか考えてみましょう。

(個人向け)完全オリジナル!手作り・自作する

(個人向け)完全オリジナル!手作り・自作する
大勢の社員の名刺を作成しなければならない法人には難しい選択かもしれませんが、個人向けとして完全にオリジナルの名刺を手作りするのは方法の一つです。

プライベートで使う名刺を自作している方は意外と多く、「既存のテンプレートを使いたくない」「自分でデザインを考えるのが楽しい」という人に適しています。

パソコンソフト(Windows・Mac)

名刺を手作りするのならば、WindowsやMacのパソコンソフトを使用するのが手っ取り早いです。

「Windows用のソフト」「Mac用のソフト」「どちらでも使用可能なソフト」の3種類に大きく分けられ、世界でたった一つのオリジナルデザインの名刺を作成できます。

以下では、どのようなソフトが名刺の作成として適しているのか幾つか挙げてみました。

Word(ワード)

有償のソフトを使いたくないと考えている方には、パソコンの中に元々入っているMicrosoft社のWord(ワード)が最適です。

2010年バージョンでも2013年バージョンでも問題なく使用できます。

  • 論文や報告書を中心とするビジネス文書
  • はがきや封筒の宛名の印刷
  • ハガキや案内状の作成

このような用途でWord(ワード)は使われているものの、実は名刺を作成することもできます。

  1. 差し込み文書のラベルをクリック
  2. オプションで用紙の製品名と製品番号を選択
  3. 新規文書をクリックしてグリッド線で分ける
  4. 文字情報の入力
  5. 用紙へと印刷

という流れです。

もちろん、Word(ワード)でデータを作成しても印刷しなければ意味がないので、インクジェットプリンタやレーザープリンタ、専用の用紙を用意しましょう。

Excel(エクセル)

パソコンを使って行う文書整理やデータ処理、資産管理や太陽光発電の実績管理といった用途で使われるのがExcel(エクセル)です。

ビジネスでもExcel(エクセル)を使って業務をこなすケースは多いのですが、名刺のデータを作成することもできます。

名刺の大きさでセルを最初に作り、名前や住所といった個人情報を入力するだけなので簡単です。

しかし、Excel(エクセル)は表計算ソフトとして活用するのが一般的な使い道ですし、専用のテンプレートは特に用意されていないので同じMicrosoft社のWord(ワード)の方が分かりやすいかもしれません。

PowerPoint(パワーポイント)

学校でのレポート発表や企業のプレゼンで欠かせないパソコンソフトがPowerPoint(パワーポイント)です。

クリック動作をしたり自動再生をしたりするスライドショーはとても便利で、効率良くプレゼンテーションを行うことができます。

このPowerPoint(パワーポイント)では名刺も作成でき、Office.comテンプレートの中には名刺やカレンダーの作成に適したものも多いのです。

  1. ソフトを起動させる
  2. 用紙の設定を行う
  3. 余白設定で塗り足しを考慮して91mm×55mmの3㎜以内におさめる
  4. 文字を入力して配置する
  5. ELECOM(エレコム)などの用紙に印刷する

というのが大まかな流れになっています。

PowerPoint(パワーポイント)の醍醐味であるスライドショーの使いどころは一切ありませんが、Word(ワード)と同じ要領で作成できる点では一緒です。

AdobeのIllustrator(イラストレーター)

個人でオリジナルの名刺を作成するに当たり、多くの人が使っているソフトウェアがAdobeのIllustrator(イラストレーター)です。

Adobeとはアメリカに本社を置くコンピュータ・ソフトウェア会社で、その代表的なソフトがIllustrator(イラストレーター)となっています。

印刷物(DTP)デザイナーやイラストデザイナー、キャラクターデザイナーの間で重宝されており、名刺やフライヤーの制作を手掛ける際に欠かせない存在だと言えるでしょう。

詳しく説明すると長くなるので、大まかな流れだけ以下では簡単にまとめてみました。

  1. Illustrator(イラストレーター)を起動させる
  2. 91mm×55mmの新規ドキュメントを設定する
  3. 塗り足し線や仕上がり線が表記されているか確認する
  4. 文字ツールを使ってテキストを入力する
  5. グラフィックスタイルパレットでアクセントを加える
  6. 必要に応じて取り込んだイラストやロゴを加える
  7. 10枚の名刺がプリントされるように全体をレイアウトする
  8. 用紙へと印刷して1枚の大きさへとカットすれば完了

オリジナルのデータだけをオンライン上で作成し、印刷だけで専門のサービスへと依頼するのも良いかもしれません。

ほぼ全ての名刺作成サービスがAdobeのIllustrator(イラストレーター)のデータ入稿に対応していて、「このソフトのみでWord(ワード)やExcel(エクセル)はNG」というところもあります。

ただし、他のソフトと違ってガイドがあっても作り方は難しく、応用的なスキルが必要となることに加えて利用にはお金がかかるので注意してください。

AdobeのPhotoshop(フォトショップ)

Adobeから製造されているもう一つの代表的なソフトウェアがPhotoshop(フォトショップ)です。

世界最高峰の画像や写真の編集アプリケーションと言われており、専用のテンプレートを使用すればテキストを編集してロゴやイラストを配置するだけでオリジナルの名刺を作成できます。

以下では、Photoshop(フォトショップ)を使った大まかな名刺の作り方をまとめてみました。

  1. Photoshop(フォトショップ)を起動して新規ファイルを選択する
  2. 文字を入力するためにガイドを作成して微調整する
  3. 名前や連絡先などの個人情報を入力する
  4. フォトショップエレメンツで使用する画像や写真を編集する
  5. 名刺の余白部分へと挿入する
  6. プリントアウトして名刺の大きさにカットする

背景やトンボの設定など細かい作業は必要となりますが、無料のテンプレートも用意されているので作成しやすくなっています。

スタイリッシュなオリジナルデザインの名刺が欲しい方におすすめの方法ですし、Photoshop(フォトショップ)のデータ入稿に対応している印刷業者も多いので問題はありません。

Pages(ページズ)

アップル社が開発したMac向けの文書作成ソフトやページレイアウトアプリケーションがPages(ページズ)です。

Pages(ページズ)では名刺用のテンプレートが用意されていて、文字を入力したり配置タブをクリックしたりして編集できます。

作成したデータをコンビニで印刷したり、自宅でプリントアウトしたりして名刺の大きさにカットすれば完了です。

ただし、依頼する会社によってはドライバーが提供されていないことがあるため、プレビュー画面で青いガイドラインをドラッグ&ドロップして元々のサイズに合わせる作業をしなければなりません。

また、新しいバージョンになってパフォーマンスは上がっていますが、ダウンロードするにはApp Storeで2,400円を支払う必要があります。

フリーソフトのGIMP(ギンプ)

無料で提供されているフリーソフトの一つがGIMP(ギンプ)で、名刺を作成する際にも重宝します。

Photoshop(フォトショップ)のように高機能ですし、100以上の細かい機能で画像を編集したり加工したりできるのです。

Photoshop(フォトショップ)⇒有償ソフト
GIMP(ギンプ)⇒無償ソフト

このような違いがあり、手軽に名刺を作成したいと考えている方にはGIMP(ギンプ)がピッタリかもしれません。

  1. キャンパスサイズを作成する
  2. 氏名や会社名などの個人情報を入力する
  3. 名刺画像をエクスポートする
  4. 用紙へと印刷する
  5. カットして完了

というのが大まかな流れです。

他のソフトと同じように印刷だけ専門のサービスに依頼することもできますが、GIMP(ギンプ)に対応していないところもあるので事前に確認しましょう。

スマートフォンアプリ(iPhone・Android)

名刺の作成を自作で行うに当たり、パソコンを使用しなければならないと考えている方は多いかもしれません。

しかし、現在ではスマートフォンで様々なアプリが登場していて、iPhoneやAndroidを使って作成できるようになりました。

自宅にパソコンとプリンタがあればデータを入れて印刷できますし、お持ちでないのならば専門のサービスへとデータを入稿して印刷だけ依頼できます。

アプリケーションによっては印刷サービスと提携しているところがあり、片面モノクロや裏表の名刺など自由に作成できるので便利です。

人気の無料アプリ

以下では、iPhoneやAndroidでインストールできる人気の名刺作成アプリを幾つか挙げてみました。

無料で使えるものだけを紹介しているので、「既存のテンプレートではなくオリジナルデザインで勝負したい」という方は試してみてください。

  • みんなの名刺:アプリ内で用意されたテンプレートにテキストやイラストを加えて作成可能
  • デコプチカード:テンプレートが豊富に用意されていて細部まで拘って作れる
  • BiziCard(ビジカード):自分だけの名刺やショップカードを作成してコンビニプリントが可能
  • Epson名刺プリント:背景やフレーム、スタンプなどの素材を使って自由に組み合わせて作れる
  • Coscam(コスカム):コスプレイヤー専門のプライベート専用アプリ
  • アーティス名刺工房:名刺交換をした相手に好印象を与えられる素敵なデザインが多い

これらのアプリケーションが高い人気を得ており、Google PlayやApp Storeでダウンロードするだけとなっています。

「iPhoneだけ」「Androidだけ」というアプリもあるので、お手持ちのスマートフォンに対応しているのかどうか確認してみましょう。

まとめ

まとめ

上記のように、このページではビジネスマンに欠かせないツールの名刺を作成する方法について詳しくまとめてみました。

格安の料金で印刷してくれる専門のサービスは増えていますし、無料ソフトやアプリも充実しているので手作りで完全オリジナルの名刺を作成することもできます。

  • データを作成するのが面倒で時間がない⇒専門サービスへの依頼
  • 凝ったデザインの名刺が欲しい⇒手作りで作成

どちらの方法でも好みの名刺を入手できますし、ビジネスの世界だけではなくコミケやオフ会などのイベントでも重宝するはずです。

名刺の出来栄えによって自分の第一印象が変わるので、納得のいく名刺を作ってビジネスやプライベートで役立ててみてください。

2016/12/10