顔写真入りの名刺を作成する5つのメリットとおすすめのサービス3選!

2020/08/06

顔写真入りの名刺を作成する5つのメリット!

顔写真入りの名刺を作成するメリットはこれだ!

顔写真入りの名刺を作成する5つのメリット!
  • 名刺交換で渡した時に強いインパクトを残すことができる
  • 名刺を見返す度に相手は自分の顔を思い出してくれる(記憶に残りやすい)
  • 誠実なイメージを与えられる顔写真を使っていれば第一印象が良くなる
  • ザイオンス効果(単純接触効果)で好感度を高めることができる
  • 説明会や交流会といったタイミングで配れば効率良く自分をアピールできる

日々の業務で使う名刺に関して、「どうすればインパクトを強くできるのか分からない」「他の人と同じ名刺を使っていて良いのか不安」と悩んでいる方はいませんか?

ビジネスにおいて名刺は自分の分身とも言える存在ですので、どう仕上げれば良いのか迷ってしまうのは当然ですよね。

そこで、他のビジネスマンと差を付けたいのであれば、顔写真入りの名刺の作成がおすすめ!

文字情報だけが記載された名刺とは違い、顔写真入りの名刺には上記の5つのメリットがあります。

相手に与えるインパクトを強くしたり自分をアピールできたりするのが顔写真入りの名刺の良いところです。

Twitterの口コミを見てみると、ビジネスやプライベートで使う顔写真入りの名刺を作成している方が多いことがわかります。

「作成するのに手間がかかるのでは…」と悩んでいる方はいますが、今までの名刺の余白部分に顔写真を入れて印刷するだけですので全く難しくありません。

自分や会社のイメージアップのためにも、顔写真入りの名刺を作成してビジネスで役立ててみてください。

 

顔写真入りの名刺を作成できるおすすめのサービス3選!

印刷会社 Vistaprint 写真名刺plus アーティス名刺工房
100枚の名刺作成費用 980円~ 11,800円~ 1,920円~
印刷用紙の種類 4種類 不明 不明
テンプレートの数 ★★★★★ ★★★☆☆ ★★★☆☆
総合評価 ★★★★★ ★★★★☆ ★★★☆☆

上記の3つの印刷会社は、顔写真入りの名刺を作成できる代表的なサービス!

自分でプリントアウトして名刺を作成するよりも、プロが在籍している印刷会社に依頼した方が遥かにキレイな仕上がりになりますよ。

名刺の中に顔写真が入っていても、印刷のズレが生じていたりイラストが曲がったりしていては全く意味がありません。

名刺全体の仕上がりで好感度を上げられるのかどうか変わりますので、おすすめのサービスを確認しておいてください。

 

Vistaprint(ビスタプリント)

Vistaprint(ビスタプリント)

ビジネスで役立つ顔写真入り名刺を作成したいのであれば、ネット注文ができるVistaprint(ビスタプリント)をおすすめします。

あらかじめ好印象を与えられる自分の顔写真を用意し、データ入稿でアップロードして希望のテンプレートの余白部分に挿入するだけと作成方法はとても簡単です。

他の印刷会社と違うVistaprint(ビスタプリント)の魅力をいくつか挙げてみました。

  • 用意されているデザインテンプレートの数が圧倒的に多い(5,000種類以上)
  • 複数種類の用紙の中から自分のイメージに合うものを選べる
  • どのデザインを使って作成しても100枚で980円と非常に安い
  • 4,500円以上の購入で配達で発生する送料が無料となる

Vistaprint(ビスタプリント)で用意されている自慢のテンプレートを使い、更に自分の顔写真を挿入すればよりインパクトを強められるのではないでしょうか。

ビジネスや趣味における名刺交換では自分の顔を覚えてもらえるのかどうかが大事ですので、是非一度Vistaprint(ビスタプリント)で名刺を作成してみてください。

 

参考 Vistaprint(ビスタプリント)の公式サイト

 

Vistaprint(ビスタプリント)の基本情報・口コミの評判まとめ!

 

写真名刺plus(プラス)

写真名刺plus(プラス)

写真名刺plus(プラス)は、顔写真入りの名刺を作成してくれる専門店です。

普通の名刺よりも好感度を上げることができるため、法人の名刺作成自営業者の名刺作成におすすめ!

以下では写真名刺plus(プラス)の特徴をまとめていますので、名刺の作成で依頼しようと考えている方は一度チェックしておきましょう。

  • キャンペーン中に限り写真名刺が30枚無料で付与される
  • 写真名刺に加えてロゴマークの作成を承ってくれる
  • お急ぎ便によって最短で3日後に名刺を自宅に届けてくれる
  • 発注してからデザインが気に入らない場合はキャンセルできる

デザインの修正回数は無制限と設定されているため、「○○○の部分をもう少し変えたい」など、写真名刺plus(プラス)では拘りのある名刺を作成できます。

顔写真を余白部分に挿入するだけではなく、会社のロゴマーク入りの名刺を作成するのも実に効果的です。

完全フルオーダーで全国どこでもお急ぎ便が利用できますので、写真名刺plus(プラス)で顔写真入り名刺を作ってみてください。

 

参考 写真名刺plus(プラス)の公式サイト

 

アーティス名刺工房

アーティス名刺工房

アーティス名刺工房は、名刺の作成や印刷の専門店です。

アーティス名刺工房では、次の既存の顔写真入りテンプレートを使って名刺の作成OK!

 

デザイン番号 926(使用フォントはモリサワ 丸フォーク体)

顔写真入り名刺

 

デザイン番号 8001(使用フォントは明朝体中太字)

顔写真入り名刺

 

デザイン番号 927(使用フォントはモリサワ 丸フォーク体)

顔写真入り名刺

 

お手持ちの写真を使うだけで、あなただけのオリジナル名刺を作成できます。

アーティス名刺工房では職業キャラ名刺や就職活動名刺も作れますので、詳細は公式サイトをご覧になってください。

 

参考 アーティス名刺工房の公式サイト

 

アーティス名刺工房で名刺作成!4つの強みや口コミの評判まとめ!

 

顔写真入りの名刺作成で押さえておきたい4つのコツ!

コツ

顔写真入りの名刺は相手の記憶に残して営業力を高められるツールですが、上記の4つのコツを意識して作成するのがポイント!

自分の顔写真であれば何でも余白部分の中に入れれば良いという単純な話ではありません。

どうすれば魅力的で相手の記憶に残る顔写真入りの名刺を作成できるのか、ここでは詳しく解説していきます。

 

印象の良い写真を挿入する

顔写真

名刺の中に載せる顔写真の6つのポイント!
  • 自分の顔がピントとちゃんと合っている
  • 笑顔を意識して誠実さをアピールする
  • 清潔感のある服装や髪型を意識する
  • 陽が当たるところで明るめに撮影する
  • デジカメは最高画質で最大サイズに設定する
  • 恥ずかしがらずにカメラ目線を心掛ける

上記のように名刺の中に印象の良い顔写真を挿入するのは、相手に良いイメージを与える上で欠かせないコツです。

例えば、「ムスっと無表情の写真」「全体的に暗くて見にくい写真」を使った名刺を想像してみてください。

イメージの悪い写真が原因で、自分の価値が下がりやすいと何となくおわかり頂けるのではないでしょうか。

名刺の中に載せるほんの小さな写真でも選び方によって印象は大きく変わりますので、自分にとって最高の1枚を選ぶのが大事ですよ。

 

自分がどう見られたいのかで写真の種類を変える

女性

印象の良い写真を挿入して名刺を作成するのは絶対条件ですが、自分が相手にどう見られたいのかで種類を変える必要があります。

自分が写っている写真という点では一緒でも、次のように表情を変えるだけで相手が受ける印象も変化しやすいのが特徴です。

  • 笑顔
  • 爽やか
  • 真剣
  • 情熱的
  • 楽しそう
  • 優しそう

「○○が正解」とは特に決められていないので、あなたのビジネスをブランディングした時に合う顔写真を選んでみてください。

 

プロのカメラマンとコンサルタントに顔写真の撮影の依頼をする

カメラマン

顔写真入りの名刺はビジネスで使うにしてもプライベートで役立てるにしても、見た目のイメージが大切です。

スマホで自撮りをしてもキレイな写真は出来上がりませんので、プロのカメラマンとコンサルタントに撮影の依頼をしましょう。

なぜプロのカメラマンとコンサルタントに依頼すべきなのか、3つの理由を挙げてみました。

  • プロのカメラマンであれば、その人の良さを最大限に引き出す写真を撮ってくれる
  • プロのコンサルタントは、写真のポージングや表情のアドバイスをしてくれる
  • 写真のズレやぼやけなどのトラブルが引き起こされにくい

プロに依頼するとオーソドックスな名刺を作成するよりもコストはかかりますが、それだけ魅力的なツールに仕上がりますね。

まずは、信頼できるプロのカメラマンとコンサルタントを探すことから始めてみてください。

 

自分の顔写真をアイコンとして認識させる

アイコン

ビジネスの名刺で効果的にアピールしたいのであれば、自分の顔写真をアイコンとして認識させてみてはいかがでしょうか。

以下では具体的に何をすれば良いのか大まかな流れを解説していきます。

  1. まずは自分の顔写真を使った名刺を印刷会社で作成する
  2. 名刺だけではなくFacebookやTwitterなどのSNSにも同じ写真を使う
  3. 相手は「この写真は○○さんのものだ」と認識できる

名刺の中で使っている顔写真を他の場所でも利用するだけですので、特に難しいことは必要ありません。

今まで気付かれずに見逃されていた状態を解消できるため、販促効果を高める目的で名刺作成に使った顔写真を他のFacebookやTwitterなどのSNSでも上手く活用してみてください。

 

まとめ

相手にインパクトを与えて自分の顔を覚えてもらいたいのであれば、顔写真入りの名刺がおすすめです。

自分で写真を撮ったり印刷したりするのは面倒ですが、専門のサービスに依頼すれば手軽に作成できますよ。

顔写真入りの名刺はブランディングツールとして優れていますので、Vistaprint(ビスタプリント)や写真名刺plus(プラス)で作ってみてください。

よく読まれている記事

【おすすめ!】格安で名刺を作成する方法

格安で名刺を作成する方法をご紹介しています。名刺作成サービスのおすすめランキングもアリ。料金、納期、デザインなど、様々な基準で比較してみてください。 ...

-デザイン