特殊な名刺を作成するメリットとおすすめのサービス3選!

2019/04/01

特殊な名刺を作成する3つのメリット!

特殊な名刺を作成する3つのメリット!

ビジネスマンの中で、名刺の見た目やデザインに拘りを持っていない方はいませんか?

「自分の名前や会社名だけ相手に伝われば良い」「社交辞令で渡すことも多いから何でも良い」と考えて、文字だけのシンプルな名刺を持っている方はいますね。

しかし、名刺交換は第一印象を良くする重要なツールですので、ちょっと変わった特殊な名刺を作成するのは選択肢の一つです。

以下では白黒の文字だけのシンプルな名刺と違い、特殊な名刺を作成する3つのメリットをまとめてみました。

  • 奇抜なデザインにすれば相手に強いインパクトを与えられる
  • 自分の顔を覚えてもらえばビジネスや仕事に繋げられる
  • 初対面でのコミュニケーションで話のネタになる

いくら魅力的な名刺を持っていても中身が伴っていなければ意味はないものの、インパクトを強めて相手にアピールできるのが特殊名刺を作成するメリットですよ。

特殊な加工を名刺に施したり高級紙で印刷したりと、様々な作成方法から自分に合うものを選ぶことができます。

もちろん、シンプルな名刺がダメというわけではありませんので、自然でナチュラルな名刺を欲しいと考えている方は下記のページを参考にしてみてください。

 

シンプル・ナチュラルな名刺を作成するメリットとおすすめのサービス

 

特殊な名刺を作成できるおすすめのサービス3選!

ここでは、特殊な名刺を作成できるおすすめのサービスや印刷会社を3つ紹介しています。

奇抜なデザインや特殊紙を使った名刺は、Illustrator(イラストレーター)やPhotoshop(フォトショップ)など自分でソフトを使って作成するのは困難です。

※自作の名刺で高品質に仕上げるのが難しい点については、こちらのページで解説しています。

 

手作りOK?自分でデザインして名刺を作成するメリットとデメリット

 

特殊な名刺を手に入れるには専門の印刷会社に依頼するのがベストな方法ですので、次の3つの中から自分に合うサービスを選んでみましょう。

 

Vistaprint(ビスタプリント)

Vistaprint(ビスタプリント)

特殊で尚且つクオリティの高い名刺を作成したい人には、インターネット通販のVistaprint(ビスタプリント)がおすすめです。

Vistaprint(ビスタプリント)の名刺作成方法は次のようにとても簡単ですので、初めて利用する初心者でもスムーズに依頼できます。

  1. Vistaprint(ビスタプリント)の公式サイトにアクセスする
  2. 自分の好きなデザインのテンプレートを選ぶ
  3. オンライン上で文字情報を入力して名刺を作成する
  4. クレジットカード情報など支払い情報を入力する
  5. 印刷が終わって自宅に届けられるまで待つ

Vistaprint(ビスタプリント)で用意されている特殊な名刺は厚盛りDECO名刺で、87%のユーザーが「この名刺をもらったら記憶する」と回答していました。

なぜ相手に好印象を残すことができるのか、Vistaprint(ビスタプリント)の厚盛りDECO名刺の特徴を見ていきましょう。

  • アピールしたい文字やイラストを厚盛り加工して凸凹に仕上げられる
  • 60ミクロンの厚盛り技術で違った触り心地を実感できる
  • デザインは普通でも圧倒的に存在感のある名刺に生まれ変わる

同じ文字やデザインで名刺を作成していても、文字DECO名刺やデザインDECO名刺など特殊な加工を施していれば全く違った印象に仕上げられます。

通常のデザインで作成した名刺と、厚盛りDECO加工を施して作成した名刺の違いを見ていきましょう。

 

通常のデザインで作成

通常の名刺作成

 

厚盛りDECO加工で作成

厚盛りDECO名刺

 

本来であれば100枚当たり1,980円のところ、2019年の4月現在では1,580円と格安の料金設定になっていますので、素敵なデザインの厚盛りDECO名刺をVistaprint(ビスタプリント)で作成してみてください。

 

参考 Vistaprint(ビスタプリント)の公式サイト

 

Vistaprint(ビスタプリント)の基本情報・口コミの評判まとめ!

 

YMcard

YMcard

「せっかくだから一味違った名刺を作成してビジネスやプライベートで勝負したい」と考えている方には、YMcardがおすすめです。

YMcardは単純にオフセット印刷で名刺を作成するのではなく、個人の要望に合わせて豊富な種類の加工から選ぶことができますよ。

通常の名刺と比べて1枚当たりの料金は高くなってしまいますが、シンプルでナチュラルな名刺よりもインパクトを強められるのがメリットです。

具体的にYMcardで採用されている加工の方法や特徴についてまとめてみました。

  • 特殊な機械を使って用紙を折り曲げやすくした「スジ入加工」
  • 名刺に金やホログラムの箔を刻んで加工する「箔押し加工」
  • クーポン券のように切り離しやすくした「ミシン目入加工」
  • 一定の部分に圧力を加えて突き出したイメージにできる「型押し加工」
  • 自分の自由な形に文字やイラストをくり抜ける「型抜き加工」
  • パンチ穴をあけてバインダーで綴じやすくした「孔開け加工」

ホログラムの名刺や型抜きの名刺は、見る人を驚かせるデザインに仕上げられます。

※型抜き加工で名刺を作成するメリットとデメリットはこちら!

 

型抜き加工で名刺を作成するメリットとおすすめのサービス3選!

 

様々な特殊な加工からお好きなものを選んで依頼できますので、どれが自分に合っているのか比較してみましょう。

 

YMcardの基本情報・口コミの評判まとめ

 

DECO CARD

DECO CARD

DECO CARDは特殊加工の専門店で、他の印刷会社にはない一味違った名刺を作成できます。

オンライン上で注文して名刺の作成と印刷の両方を依頼する点では他のサービスと一緒ですので、初心者でも難しくありません。

DECO CARDでどのようなユニークでゴージャスな名刺を作成できるのか、以下ではいくつか挙げてみました。

  • UV盛り上げ加工やカタヌキ加工で名刺にアクセントを加える
  • ディープマット全色の入ったセット用紙を使って名刺を印刷する
  • 「英国の高級紙コンケラーレイド」や「パステルカラーの用紙」など、他のサービスでは取り入れられていない特殊紙を使う

特殊紙を使ったり特殊な加工を取り入れたりすれば、あなたの名刺はゴージャスに変身します。

ありきたりな名刺に不満を抱えている方は、特殊名刺専門店のDECO CARDに依頼してみてください。

※印刷会社のDECO CARDについては、下記のユニークな名刺を作成できるサービスのページでも紹介しています。

 

一味違ったユニークな名刺を作成できるサービス

 

特殊な名刺の作成で押さえておきたいデメリット!

デメリット

初対面で自分の顔を覚えてもらう目的で、特殊で奇抜な名刺を作成するのは選択肢の一つですね。

しかし、シンプルでスッキリしたデザインの名刺で勝負するのと比較し、特殊な名刺には次のデメリットがありますので事前に押さえておかないといけません。

  • 特殊紙や特殊加工の名刺は1枚当たりのコストが高くなる
  • 税理士や弁護士などお堅い職業の人には向かない
  • あまりにも派手過ぎるとふざけているのではと勘違いされる

名刺を渡す相手によっては逆に自分のイメージが悪くなる恐れがありますので、本当に今の自分に合っているのか考えた上で特殊名刺を作成するようにしましょう。

 

まとめ

他者と差をつけるデザインの名刺が欲しいのであれば、特殊加工で作成してみてはいかがでしょうか。

Illustrator(イラストレーター)とプリンタを使って自作で仕上げるのは不可能ですが、専門の印刷会社に依頼すれば簡単に特殊な名刺を作成できます。

「Vistaprint(ビスタプリント)」「YMcard」「DECO CARD」は代表的なサービスですので、是非一度依頼してみてください。

よく読まれている記事

【おすすめ!】格安で名刺を作成する方法

格安で名刺を作成する方法をご紹介しています。名刺作成サービスのおすすめランキングもアリ。料金、納期、デザインなど、様々な基準で比較してみてください。 ...

-デザイン