Accessで名刺の作成や管理はできる?

2020/03/30

Accessとはどのようなソフト?

Accessとはどのようなソフト?

Access(アクセス)は、Microsoft(マイクロソフト)から提供されているソフトです。

Microsoft(マイクロソフト)のソフトはWord(ワード)やExcel(エクセル)が有名ですが、必要なデータを直ぐに取り出せるように整理したり管理したりするAccessをビジネスで活用している方は少なくありません。

※Excel(エクセル)を使って名刺を作成する方法はこちら!

Excel(エクセル)で名刺を作成する方法【テンプレートの設定やフリーソフトの使用】

データベースソフトとして使えるのがAccessの特徴で、事前にデータベースを作成しておけば会社別の担当者とメールアドレスの一覧を見つけたり、新しい取引先の宛名ラベルを印刷する際に役立てたりできますよ。

そこで、以下ではExcel(エクセル)とは違ったAccessのメリットをまとめてみました。

  • データ量が2GBと取り扱えるGB数が多い
  • データの加工や抽出などの作業ができる
  • 複数のデータのマッチングが簡単にできる
  • データの種類が増えた時に入力や修正などの管理が可能
  • 1つのプログラムでデータベースを作成できる

大量のデータや複数の表を取り扱う時は、データを活用するための豊富な機能が用意されているAccessを使ってみましょう。

 

Accessで名刺を作成できるの?

名刺のデザイン

Yahoo!知恵袋を見てみると、「マイクロソフトのAccessを使って名刺を作成したいのですが上手くいきません。どうすれば良いのですか?」といった質問が以前に投稿されていました。

結論から言うとAccessはデータベース管理システムのソフトウェアですので、名刺の作成としての利用は不可…。

そもそも、Accessは下記の用途で使うソフトです。

  • 一定の形式による情報を入力してデータベース化する
  • 保存されたデータを抽出して並べ替える
  • 顧客管理システムや仕入れ管理システムなどの業務アプリを作成する

名刺のテンプレートを編集する機能は用意されていませんので、名刺の作成としては適さないことはおわかり頂けるのではないでしょうか。

恐らく、Accessは見積書や納品書といった帳票を作成してプリントができるため、「もしかしたら名刺も作成できるかも…」と考える方がいます。

あくまでも帳票をプリントすることしかできませんので、ビジネスやプライベートで名刺を作成したいのであれば、AccessではなくIllustrator(イラストレーター)やExcel(エクセル)などの別のソフトを使うべきですね。

 

Accessで名刺の管理はできる?

名刺の管理

  1. Accessをダウンロードした後にソフトを起動する
  2. 作成タブのフォームデザインをクリックする
  3. 真っ白なフォームを画面上に表示させる
  4. コマンドボタンを「顧客登録」「顧客検索」「活動記録検索」「必要訪問先」と並べる
  5. 保管しておきたい名刺の情報を入力して、必要に応じて検索する

Accessはデータベースソフトですので、名刺の作成や印刷はできません。

その代わりに、他の人からもらった名刺をAccessで管理することはできます。

Accessを使った名刺の管理方法は上記のように至ってシンプル!

社会人であれば自分を紹介する魅力的なツールの名刺を作成するだけではなく、人からもらった名刺も効率良く管理してビジネスに役立てるべきです。

大量に貰った名刺をそのまま机の引き出しの中に突っ込んでおくのはビジネスマンとして正しくないので、別のソフトを使って管理するクセを付けてください。

※名刺の管理に向いているスマートフォン(iPhone・Android)アプリは、こちらのページで紹介しています。

スマートフォン(iPhone・Android)で名刺を作成できるアプリ4選!

 

名刺の作成はVistaprint(ビスタプリント)がおすすめ!

Vistaprint(ビスタプリント)

ビジネスやプライベートで使う名刺を作成したいと考えている方には、AccessではなくVistaprint(ビスタプリント)をおすすめします。

Word(ワード)やExcel(エクセル)などのソフトで自作の名刺を使っている人はいますが、次のデメリットがありますので注意しないといけません。

  • ソフトを上手く使いこなせないと色鮮やかなデザインに仕上げるのが難しい
  • 名刺のデータを作成した後に用紙を購入して印刷しなければならない
  • 印刷のやり方によってはズレたりにじんだりしてしまう

キレイな名刺を自分で作成するのは意外と難しいため、専門サービスのVistaprint(ビスタプリント)を利用した方が良いわけです。

Vistaprint(ビスタプリント)では5,000種類を超えるデザインテンプレートが用意されていますので、「これだ!」と思えるものを探して名刺の作成と印刷の両方を依頼してみてください。

 

参考 Vistaprint(ビスタプリント)の公式サイト

 

Vistaprint(ビスタプリント)の基本情報・口コミの評判まとめ!

 

まとめ

以上のように、Access(アクセス)で名刺を作成できるのかどうか詳しくまとめてみました。

Word(ワード)やExcel(エクセル)のようなソフトとは違い、Access(アクセス)で編集して名刺を作成することはできません。

しかし、社会人が名刺を管理するソフトとしては非常に適していますので、ビジネスで有効活用してみてください。

よく読まれている記事

【おすすめ!】格安で名刺を作成する方法

格安で名刺を作成する方法をご紹介しています。名刺作成サービスのおすすめランキングもアリ。料金、納期、デザインなど、様々な基準で比較してみてください。 ...

-自作