弁護士の名刺作成で押さえておきたいコツやおすすめのサービス

2019/03/19

businessman signing a contract

弁護士に名刺は必要なの?

弁護士は法律の専門家として基本的な人権を守り、様々な争い事や法律上の問題を解決していく重要な業務を担っています。

他の仕事と比べて信頼感が大事なのは間違いなく、お客様が安心して相談できるように自分の名刺を作成しておかないといけません。

営業マンのように自分から売り込むような仕事ではなくても、弁護士は次のように日々の業務で名刺が役立ちますよ。

  • 顧問先へのご挨拶をする
  • 相談に来たお客様に渡す
  • 新たな顧客を獲得する目的で配る

集客力や収益力の強化を図るに当たり、名刺が欠かせないツールなのは何となく想像できるのではないでしょうか。

 

弁護士の名刺を作成する際に押さえておきたいコツ

コツ

弁護士に限った話ではありませんが、名刺はただ自分の個人情報が入っていればOKというほど単純ではありません。

自分を紹介してお客様やクライアントにアピールする武器になりますので、丁寧に作成する必要があります。

そこで、弁護士が名刺を作成するに当たり、押さえておきたいコツをいくつか挙げてみました。

  • 誠実さや真面目さをアピールできるようなデザインを使用する
  • お客様が安心して相談できるようなモットーやキャッチコピーを加える
  • 自分の法律事務所のロゴマークを余白部分に加える
  • 電話番号やメールアドレスなどの連絡先は欠かさずに入れる

名前や連絡先といった情報を名刺の中に入れるのは当然ですが、その他にもモットーやキャッチコピーは大事です。

「この弁護士さんであれば任せられる」「この人なら安心できる」とお客様に思わせることで、法律事務所にはたくさんの案件や依頼が舞い込んできます。

※名刺の中にキャッチコピーを入れた方が良い理由は、こちらのページでも詳しくまとめました。

 

キャッチコピーを活用した名刺の作成

 

口だけでアピールするのは難しいですし、名刺はビジネスにおいて必須のツールだからこそ弁護士にも大いに役立つのではないでしょうか。

法律事務所を新たに開業したのであれば、顧客を獲得する目的でまず最初に名刺の作成から始めてください。

 

弁護士の名刺作成におすすめのサービスはこれだ!

弁護士の名刺を作成するに当たり、自分のイメージに合うデザインが豊富に用意されたサービスに依頼するのが適しています。

自分でオリジナルの名刺を作るのも選択肢の一つですが、デザインに関する知識を持っていないとキレイに仕上げることはできません。

※自作の名刺を作成するメリットとデメリットについては、こちらのページをチェック!

 

手作りOK?自分でデザインして名刺を作成するメリットとデメリット

 

名刺を作ることに意識を置きすぎて、下記のように本業が疎かになっては本末転倒ですね。

  • 自分でIllustrator(イラストレーター)を使って名刺を作成するつもりだが、想像以上に長い時間がかかっている
  • 全体的なデザインを決めたり印刷して裁断したりとやらなければならない作業が多くて大変

ここでは弁護士の名刺を作成できるおすすめのサービスを紹介していますので、印刷会社の選び方で迷っている方は参考にしてみましょう。

 

Vistaprint(ビスタプリント)

Vistaprint(ビスタプリント)

弁護士さんは他の仕事や業務で忙しいため、専門の印刷会社やサービスに依頼して名刺を作成すべきです。

数多くの名刺作成サービスの中でも、5,000種類以上のデザインテンプレートが用意されたVistaprint(ビスタプリント)をおすすめします。

Vistaprint(ビスタプリント)では、次のように弁護士や司法書士に向いているデザインテンプレートが数多く用意されていました。

  • シンプルでもモノクロのデザインの名刺
  • 堅実さを与えられるかっこいいデザインの名刺
  • モダンやレトロさをかもし出すデザインの名刺

弁護士はお堅い職業ですので、「カラフル」「派手」「ゴージャス」といったデザインよりも、シンプルですっきりとしたデザインで名刺を作成すべきです。

※シンプル・ナチュラルな名刺を作成するメリットは、こちらのページで解説しています。

 

シンプル・ナチュラルな名刺の作成

 

Vistaprint(ビスタプリント)ではシンプルながらもキレイなデザインで名刺の作成が可能で、テンプレートの種類に限らず100枚で980円、200枚で1,480円と格安です。

コストを抑えながら高品質な名刺を作りたいと考えている弁護士に適したサービスですので、印刷会社の選び方で迷っている方はVistaprint(ビスタプリント)に依頼してみてください。

 

参考 Vistaprint(ビスタプリント)の公式サイト

 

Vistaprint(ビスタプリント)の基本情報・口コミの評判まとめ!

 

Zazzle(ザズル)

Zazzle(ザズル)

Zazzle(ザズル)は、自分でカスタマイズして名刺を作成できるネット通販のサービスです。

Zazzle(ザズル)の公式サイトを見てみると、次のように弁護士にピッタリのデザインテンプレートが数多く用意されていることがわかります。

 

エレガントな専門の弁護士の金ゴールドのボーダー名刺

 

MONOGRAMの箱のロゴ名刺

 

専門のモダンなQRコード入り名刺

 

豊富な種類のデザインからお好きなものを選んで名刺を作成できますので、詳細はZazzle(ザズル)の公式サイトでチェックしておきましょう。

 

参考 Zazzle(ザズル)の公式サイト

 

弁護士が名刺以外に用意しておきたい集客ツール

弁護士の集客ツール

法律事務所を開業した弁護士は、名刺以外の集客ツールを使って顧客を獲得すべきです。

具体的に弁護士が使うべき集客ツールをいくつか挙げてみました。

  • ブランド力のある高品位なホームページを作成する
  • 実績や専門性の説明が掲載された事務所案内を作る
  • 法律事務所の顔ともなり得るロゴマークの作成を依頼する
  • 町弁や個人相手の業務を行うのであれば看板を作成する

これらのツールを全て作って集客を図り、依頼人の利益を考えて問題を解決していきます。

ロゴマークや看板も専門の業者に依頼する必要がありますので、信頼できるところをインターネットで探してみてください。

もちろん、他の弁護士さんのツテでサービスを紹介してもらうのも選択肢の一つですよ!

 

まとめ

法律の専門家である弁護士も、自分を紹介する名刺が必要です。

1枚の名刺で自分の信頼感や信用度を高める努力をしていれば、今まで以上に利益を出すことができます。

Vistaprint(ビスタプリント)やZazzle(ザズル)では弁護士にピッタリのデザインで名刺を作成できますので、まだお持ちでない方は早めに依頼してみましょう。

よく読まれている記事

【おすすめ!】格安で名刺を作成する方法

格安で名刺を作成する方法をご紹介しています。名刺作成サービスのおすすめランキングもアリ。料金、納期、デザインなど、様々な基準で比較してみてください。 ...

-業種・職業