モノクロ名刺を作成するメリットとデメリット!おすすめのサービス3選!

2019/04/06

モノクロ名刺を作成するメリットはこれだ!

モノクロ名刺を作成するメリットはこれだ!

モノクロとは1色で描画や印刷が表示された図画を指し、一昔前のテレビで活用されていました。

正確に説明すると白黒とは違いますが、「白と黒のシンプルで構成された状態」とイメージしても問題はありません。

ビジネスやプライベートで名刺を作成するに当たり、まずはモノクロなのかカラフルなのか決める必要があります。

モノクロの名刺に対して、次のようにイメージしている方はいませんか?

  • 単純なデザインになるから人目を引くことができない
  • 殺風景な印象で綺麗な名刺には仕上がらない

しかし、モノクロ名刺にも他のデザインにない良い部分がありますので、作成するに当たってどのようなメリットが期待できるのかいくつか見ていきましょう。

  • デザイン次第では相手に強いインパクトを与えられる
  • 高級紙や特殊紙を使えば用紙の質感がしっかりと際立つ
  • 余白部分に挿入するロゴやイラストを目立たせることができる
  • 自身の企業カラーが黒だとクールさや重厚さを与えられる

「○○○の職業はモノクロ名刺を作成すべき!」と明確に決められているわけではありません。

それでも、シンプルな名刺にしかないメリットもありますので、自分の職業やイメージに合う名刺を作成してみてください。

※シンプル・ナチュラルな名刺を作成できるサービスに関しては、以下のページでも紹介しています。

 

シンプル・ナチュラルな名刺を作成するメリットとおすすめのサービス

 

モノクロの名刺が向いている職業

職業

自分の業種や職種に合わせて、名刺のデザインを決めて作成するのはとても効果的です。

例えば、公務員とエステティシャンで比較してみると、それぞれ違ったデザインで名刺を作った方が良い理由は何となくおわかり頂けるのではないでしょうか。

そこで、以下では白黒のモノクロの名刺デザインが向いている職業を挙げていきます。

  • 弁護士(お堅い職業なので派手なデザインの名刺は避けた方が良い)
  • 税理士(弁護士と同じようにナチュラルなデザインの名刺がおすすめ)
  • コンサルタント(誠実感や信頼感を与えられるようなデザインが向いている)

弁護士や税理士が女性向けのキラキラと輝くデザインの名刺を使っていたとすると、「本当にこの人は大丈夫なのか?」と思われますよね。

名刺は第一印象を左右する重要なツールですので、自分の職業に合わせてシンプルなデザインにするのかカラフルなデザインで作成するのか決めてみてください。

※弁護士や税理士の名刺を作成するコツは、こちらのページで解説しています。

 

弁護士の名刺作成で押さえておきたいコツやおすすめのサービス

 

税理士の名刺を作成できるサービス

 

モノクロ名刺を作成できるおすすめのサービス3選!

このページでは、モノクロ名刺を作成できるおすすめのサービスを3つ紹介しています。

全ての印刷会社で白黒のデザインテンプレートが用意されていますので、「どこに依頼しても変わらないのでは?」と考えている方は多いのではないでしょうか。

しかし、名刺の作成を依頼する印刷会社によって次の3つの違いがあります。

  • 同じモノクロでもテンプレートの種類が異なる
  • 名刺1枚当たりの料金や単価が異なる
  • 選択できる特殊な加工に違いがある

満足のいく名刺を作成するには印刷会社選びが重要ですので、モノクロの名刺を作成する予定の方は参考にしてみてください。

 

Vistaprint(ビスタプリント)

Vistaprint(ビスタプリント)

Vistaprint(ビスタプリント)は、5,000種類を超えるデザインから選択して名刺を作成できるサービスです。

基本的には色鮮やかなデザインを数多く取り扱っていますが、Vistaprint(ビスタプリント)の公式サイトで「モノクロ」と検索すると下記のようなテンプレートがヒットしますよ。

 

白とグレーのカラーで構成されたシンプルなデザインの名刺

モノクロ名刺

 

花の画像やイラストがデザインを際立たせている名刺

モノクロ名刺

 

白と黒で構成されたスタイリッシュなデザインの名刺

モノクロ名刺

 

白と黒でシンプルながらもインパクトの強いデザインで名刺を作成できますので、弁護士や税理士などお堅い職業の人にピッタリです。

他にも、一般的な印刷会社とは違うVistaprint(ビスタプリント)の強みをまとめてみました。

  • どのデザインで名刺を作成しても100枚で980円と圧倒的に安い
  • デザインDECO名刺や文字DECO名刺などの特殊加工が選択できる
  • チラシやパンフレットなど他のビジネスツールも同時に注文できる

ありとあらゆる印刷物を取り扱っているサービスですので、モノクロデザインの名刺が欲しい方はVistaprint(ビスタプリント)に依頼してみましょう。

 

参考 Vistaprint(ビスタプリント)の公式サイト

 

Vistaprint(ビスタプリント)の基本情報・口コミの評判まとめ!

 

名刺作成のファースト

名刺作成のファースト

「シンプルなデザインの名刺をリーズナブルな料金で作成したい」と考えている方には名刺作成のファーストがおすすめです。

名刺作成のファーストでは、次のようにたくさんのモノクロデザインのテンプレートが用意されています。

  • スタンダード 明朝
  • モノクロ 横ライン&ロゴ
  • モノクロ ドットグラデーション
  • スタンダード ゴシック
  • モノクロ スタイリッシュ
  • 黒地モノクロ 英語ロゴ入り

カラフルなデザインではなくても、白と黒で構成されたインパクトの強いテンプレートで名刺を作成できるのが大きな特徴ですね。

既存のテンプレートではなく、Illustrator(イラストレーター)で作成したデータを入稿して印刷を依頼することもできますので、詳細は名刺作成のファーストの公式サイトで確認してみましょう。

 

参考 名刺作成のファーストの公式サイト

 

アーティス名刺工房

アーティス名刺工房

モノクロデザインの名刺で検索すると、アーティス名刺工房も負けず劣らずの種類のテンプレートが用意されています。

アーティス名刺工房では次のカテゴリーの中からお好きなデザインを選択し、名刺をカスタマイズして作成するだけで入手可能です。

  • 新作デザインから選べる「人気名刺」
  • スタンダードなデザインの「ビジネス名刺」
  • シンプルながらも個性的な「シンプル名刺」
  • 白と黒のデザインで構成された「モノクロ名刺」
  • 強いインパクトを与えられる「写真入り名刺」
  • 会社やお店のマークを余白に加える「ロゴ入り名刺」
  • 公園や幼稚園のデビューに使える「ママ名刺」
  • 無料で作成してくれる「QRコード入り名刺」
  • 大学生に向いている「就職活動名刺」

モノクロ名刺以外のデザインも数多く取り扱っていますので、アーティス名刺工房で自分のイメージに合うテンプレートを探してみてください。

 

参考 アーティス名刺工房の公式サイト

 

モノクロ名刺を作成するデメリットとは?

デメリット

印刷会社によっては、モノクロ名刺はフルカラー名刺よりも安い料金で作成できます。

1日に何枚もの名刺を消費するビジネスマンは多いため、格安の料金で作成や印刷ができるのかどうかは大事です。

しかし、色鮮やかなフルカラーのデザインと比較してみると、モノクロ名刺には次の4つのデメリットがあります。

  • 賑やかさや信頼感を打ち出した方が良い業種の人にはおすすめできない
  • パっと見た時のデザインで大きなインパクトを与えるのは難しい
  • ロゴやイラストを上手く加えないと殺風景な印象になりやすい
  • デザインテンプレートによっては怖いイメージを与えてしまう

個人の職業によって、モノクロ名刺が良いのかフルカラー名刺が良いのか違いますので注意しないといけません。

モノクロ名刺を作成するメリットとデメリットの両方を把握し、どちらのデザインが自分に合っているのかきちんと比較してみましょう。

 

まとめ

モノクロ名刺を作成するメリットとデメリットについておわかり頂けたのではないでしょうか。

白黒のシンプルなデザインの名刺は、弁護士や税理士を中心にお堅い職業の人に向いています。

Vistaprint(ビスタプリント)や名刺作成のファーストでは、モノクロながらも洗練されたデザインの名刺を作成できますので、是非一度利用してみてください。

よく読まれている記事

【おすすめ!】格安で名刺を作成する方法

格安で名刺を作成する方法をご紹介しています。名刺作成サービスのおすすめランキングもアリ。料金、納期、デザインなど、様々な基準で比較してみてください。 ...

-デザイン