ワンプリント(ONEPRINT)で名刺作成!6つのメリットや口コミの評判まとめ!

公開日:

ワンプリント(ONEPRINT)の基本情報

ワンプリント(ONEPRINT)

ワンプリント(ONEPRINT)の基本情報
名刺100枚の料金 330円~
名刺200枚の料金 484円~
名刺1,000枚の料金 1,529円~
送料 お届け先1ヶ所当たり500円~600円
納期 3営業日後
デザインテンプレートの数 ★★☆☆☆
加工オプション ・箔押し加工
・穴あけ加工
・角丸加工
・PP加工(ラミネート)
取り扱い用紙 ・アートポスト
・マットコート
・ヴァンヌーボV-FS
・マシュマロCoC
・再生クラフト
・クラフトボード
・ゴールドシリオパール
・ティントレット
・マジェスティックマーブルホワイト
・ランデブーナチュラル
・ランデブーウルトラホワイト
・モンブランホワイト
データ入稿 Illustrator(イラストレーター)
名刺以外の印刷物 ・シール・ステッカー
・ポストカード
・はがき
・チラシ
・リーフレット
・ポスター
・ノベルティ
・販促グッズ
・大型出力、サイン
おすすめ度 ★★☆☆☆

ワンプリント(ONEPRINT)は、愛知県の名古屋市に本社を構えている印刷会社です。

※名古屋市で名刺を作成できる店舗はこちら!

【即日OK!】名古屋市(栄・西区・中川区・北区)で名刺を作成できる店舗5選!

名刺、チラシ、ポスター、缶バッジ、ノベルティ、シールを中心に様々な印刷物を取り扱っています。

高級紙も用意されていますので、名刺やショップカードの見た目に拘りたい方にもワンプリント(ONEPRINT)はおすすめ!

この記事ではワンプリント(ONEPRINT)のメリットやデメリット、名刺を作成する流れや口コミの評判をまとめました。

 

ワンプリント(ONEPRINT)で名刺を作成する6つのメリットを徹底解説!

ワンプリント(ONEPRINT)で名刺を作成する6つのメリット!

ワンプリント(ONEPRINT)は、上記の6つのメリットを持つ名刺作成サービス!

印刷料金の安さに加えて、名刺のデザインや仕上がりのクオリティにも気を配っていますよ。

ワンプリント(ONEPRINT)に依頼する前に、他の印刷会社とは違う良い部分をチェックしておきましょう。

 

1:様々なタイプの名刺をデータ入稿で作成OK!

ワンプリントの名刺の種類

ワンプリント(ONEPRINT)の名刺の種類
一般紙名刺 一般紙によるオンデマンド印刷で作成する
高級紙名刺 高級紙でクオリティの高い名刺に仕上げられる
部分ニス加工名刺 デジタル印刷機スコディックスで立体感と光沢感を出せる
透明名刺 プラスチック素材で耐久性や耐水性を高められる
白印刷名刺 黒色用紙やクラフト紙に白インクで印刷する

ワンプリント(ONEPRINT)では、上記のように様々なタイプの名刺を作成できます。

Illustrator(イラストレーター)の名刺データさえ持っていれば、高級紙で印刷したり部分ニス加工を施したりできるわけですね。

名刺のインパクトを強めたい方には、部分ニス加工名刺や透明名刺がおすすめ!

部分ニス加工名刺で立体感を出したり透明名刺で耐久性を高めたりすれば、他者との差別化を図ることができます。

※立体的な名刺や半透明名刺を作成するメリットはこちら!

話題になるかも?立体的な名刺を作成する3つのメリットとおすすめのサービス3選!

半透明でクリアな名刺を作成する5つのメリットとおすすめのサービス4選!

まず最初に、ワンプリント(ONEPRINT)でどのタイプの名刺を作成したいのか考えてみましょう。

 

2:名刺の仕上がりサイズを自由に変更できる!

多くの印刷会社で作成できる名刺は、91㎜×55㎜とサイズが決まっています。

一方でワンプリント(ONEPRINT)は、名刺の仕上がりサイズを自由に変更OK!

ワンプリント(ONEPRINT)の公式サイトを見てみると、「最小30x30mm」「最大297x420mm」で仕上げられると記載されていました。

ワンプリントの名刺サイズ

つまり、ワンプリント(ONEPRINT)は少し小さなサイズの名刺で可愛くしたり、大きなサイズの名刺で情報量を増やしたりできます。

ただし、日本のビジネスシーンでは91㎜×55㎜のサイズの名刺が一般的ですので注意してください。

※名刺のサイズや大きさについてはこちら!

名刺の大きさやサイズは?規格サイズで作成しないとダメ?

3:名刺1枚当たりの印刷料金が安く設定されている!

ワンプリントの名刺

名刺の枚数 片面の名刺 両面の名刺
100枚の印刷 330円~ 462円~
200枚の印刷 484円~ 726円~
300枚の印刷 605円~ 957円~
500枚の印刷 891円~ 1,441円~
1,000枚の印刷 1,529円~ 2,563円~

上記の表は、ワンプリント(ONEPRINT)の一般紙名刺の作成でかかる料金です。

片面の名刺の印刷はたったの330円ですので、ワンプリント(ONEPRINT)の料金がいかに安いかわかります。

1,000枚の印刷を依頼しても1,529円~ですので、大ロットの注文を検討している方にもおすすめですよ。

他のタイプの名刺も、ワンプリント(ONEPRINT)は格安の料金で作成できます。

名刺の種類 片面の印刷 両面の印刷
高級紙名刺 100枚で1,540円~ 100枚で1,936円~
部分ニス加工名刺 100枚で5,236円~ 100枚で5,709円~
透明名刺 100枚で3,168円~ 取り扱いなし
白印刷名刺 100枚で1,848円~ 100枚で2,464円~

名刺のコストを抑えたい方は、ネット印刷のワンプリント(ONEPRINT)に依頼してみてください。

 

4:高級紙や特殊紙を使った印刷に対応!

上記でも軽く解説しましたが、ワンプリント(ONEPRINT)は高級紙や特殊紙を使った印刷に対応しています。

印刷会社の中には用紙の種類が少ないサービスがありますので、名刺の素材に拘りたい方にピッタリですね。

ここでは、ワンプリント(ONEPRINT)の取り扱い用紙と大まかな特徴についてまとめてみました。

ワンプリントの用紙 用紙の大まかな特徴
アートポスト 表面に塗料を塗布してツルツルとした光沢感がある
マットコート 光沢感が控えめな用紙で落ち着いた雰囲気を演出できる
ヴァンヌーボV-FS 淡いクリーム色の用紙で光沢のない質感を持っている
マシュマロCoC きめ細かで滑らかな表面が特徴の非塗工紙
再生クラフト紙 100%再生パルプの用紙で滑らかな手触りを持つ
クラフトボード ナチュラル素材のクラフト紙で温かい雰囲気を出せる
ゴールドシリオパール ゴールドパールの繊細な輝きで高級感を出せる
ティントレット 表面に波模様が入ったインクのノリが良い用紙
マジェスティックマーブルホワイト メタルのような光沢感で華やかな印象をもたらす
ランデブーナチュラル クリーム色の自然な光沢感と滑らかな質感が特徴
ランデブーウルトラホワイト クリーム色の自然な光沢感と滑らかな質感が特徴
モンブランホワイト 目に優しく温かみのある淡いクリーム色の用紙

名刺の作成で使われることの多い用紙は、下記のページをご覧になってください。

名刺の作成や印刷で使用する用紙の選び方とおすすめの材質!

5:特殊な加工を施して見た目のインパクトをアップできる!

ワンプリント(ONEPRINT)の特殊加工名刺
箔・型押し名刺 金や銀のメタリック箔フィルムを圧着させる加工
穴あけ加工 印刷物に直径3㎜~7㎜の穴をあける加工
角丸加工 名刺の4つの角を丸くして柔らかい印象に仕上げる
PP加工(ラミネート) 透明の薄いPPフィルムを印刷面に貼り合わせる加工

ワンプリント(ONEPRINT)では、上記の特殊加工で名刺を作成できます。

シンプルなデザインテンプレートを使っていても、特殊加工で見た目のインパクトをアップできるのがメリットです。

例えば、ワンプリント(ONEPRINT)の箔・型押し名刺では次のカラーのメタリック箔フィルムから選べます。

ワンプリント(ONEPRINT)の箔・型押し名刺

名刺の中の社名やロゴなど印象付けたい部分にワンポイントを与えれば、高級感は更にアップするでしょう。

※箔押し加工で名刺を作成するメリットはこちら!

箔押し加工で名刺を作成する3つのメリットとおすすめのサービス4選!

名刺1枚当たりの料金は高くなりますが、インパクト抜群の名刺が欲しい方はワンプリント(ONEPRINT)の特殊加工を使ってみてください。

 

6:名刺以外の印刷物も幅広く取り扱っている!

ワンプリント(ONEPRINT)で取り扱っている印刷物
シール・ステッカー 四角形シールや円形シール、デザインシールやフレームシールなど
ポストカード・はがき 一般紙や高級紙で印刷できるポストカードやハガキ
チラシ・リーフレット オリジナルデザインで仕上げられるチラシやリーフレット
ポスター 透明粘着や防水など特殊な加工のポスターを作成できる
ノベルティ・販促グッズ 「ミニバナー」「マグネット」「ファブリック商品」「ステーショナリー」「ノート」「缶バッジ」「ミラー」「アクリルキーホルダー」など
大型出力・サイン 「横断幕」「シート」「タペストリー」「バナースタンド」など

ネット印刷のワンプリント(ONEPRINT)で作成できるのは、名刺やショップカードだけではありません。

上記の表を見ればわかる通り、ワンプリント(ONEPRINT)は様々な印刷物を取り扱っていますよ。

自己紹介に使う名刺だけではなく、チラシやポスターなどのビジネスグッズをまとめて注文するのも効果的です。

自分が欲しい印刷物があるのかどうか、ワンプリント(ONEPRINT)の公式サイトで確かめてみてはいかがでしょうか。

 

ワンプリント(ONEPRINT)の利用前に押さえておきたい3つのデメリット…

他のネット印刷サービスと比較してみると、ワンプリント(ONEPRINT)には上記の3つのデメリットあり…。

ワンプリント(ONEPRINT)にも良くない部分がありますので、公式サイトから注文する前に目を通しておいてください。

 

1:Illustrator(イラストレーター)のデータ入稿が必要…

ワンプリント(ONEPRINT)で名刺を作成するに当たり、Illustrator(イラストレーター)のデータ入稿が必要なのがデメリット…。

データを作成する前に作業サイズと仕上がりサイズを確認し、完全データにしてから入稿して印刷を依頼しないといけません。

データ入稿

ワンプリント(ONEPRINT)とは違い、Vistaprint(ビスタプリント)ではWeb上のツールを使って簡単に名刺をデザインできます。

つまり、Vistaprint(ビスタプリント)を利用すればIllustrator(イラストレーター)やPhotoshop(フォトショップ)などのソフトは不要ですね。

初心者でも簡単に使いこなせるデザインツールが採用されていますので、Vistaprint(ビスタプリント)で素敵な名刺を作成してみてください。

 

参考 Vistaprint(ビスタプリント)の公式サイト

 

【口コミや評判は?】Vistaprint(ビスタプリント)のメリット9つとデメリット4つを徹底解説!

 

2:用意されている名刺のデザインテンプレートの種類が少ない…

ワンプリント(ONEPRINT)は、用意されている名刺のデザインテンプレートの種類が少ないのがデメリットです。

公式サイトからテンプレートをダウンロードできますが、豊富な種類から選択することはできません。

例えば、上記で紹介したVistaprint(ビスタプリント)は何と5,000種類以上のデザインから選べますよ。

名刺のデザインに拘りたい方にワンプリント(ONEPRINT)は不向きなサービスです。

 

3:名刺の納期は3営業日後出荷とスピードは遅い…

名刺作成サービス 名刺が届くまでの納期
プリスタ。
16時までの注文で当日
マヒトデザイン
平日の14時までの注文で即日出荷
ラクスル
2営業日~7営業日
ワンプリント(ONEPRINT)
3営業日後出荷

他のネット印刷のサービスと比較してみると、ワンプリント(ONEPRINT)は3営業日後出荷と納期が長めに設定されています。

名刺の即日発送には対応していませんので、ワンプリント(ONEPRINT)で注文してから自宅に届けられるまでに時間がかかると心得ておかないといけません。

「早く名刺を手に入れたい」と考えている方は、スピード印刷を実施している印刷会社を利用してください。

 

ワンプリント(ONEPRINT)で名刺を作成する流れを徹底解説!

ワンプリント(ONEPRINT)はIllustrator(イラストレーター)のデータさえ持っていれば、簡単に名刺を作成できます。

初めてネット印刷を利用する方のために、以下ではワンプリント(ONEPRINT)で名刺を作成する流れを画像付きでまとめてみました。

 

①ワンプリント(ONEPRINT)の公式サイトにアクセスし、「名刺・カード」をクリックする

ワンプリントで名刺を作成する流れ

 

②「一般紙名刺」「高級紙名刺」「部分ニス加工名刺」「透明名刺」「白印刷名刺」「箔・型押し名刺」から好きな商品を選ぶ

ワンプリントで名刺を作成する流れ

 

③「向き」「素材」「用紙」「印刷度数」「サイズ」「数量」「デザイン件数」などの情報をフォームに入力する

ワンプリントで名刺を作成する流れ

 

④完全データを作成して入稿し、問題なければ「ご注文手続きへ」のボタンを押す

ワンプリントで名刺を作成する流れ

 

後は画面上の指示に従い、お届け先情報や支払い情報を入力すれば注文完了!

一定納期の後に、ワンプリント(ONEPRINT)で印刷された名刺が自宅やオフィスに届けられます。

ワンプリント(ONEPRINT)の注文情報は登録のアドレスに送られてきますので、忘れずにメールをチェックしておきましょう。

 

参考 ワンプリント(ONEPRINT)の公式サイト

 

ワンプリント(ONEPRINT)の口コミや評判はどう?

ワンプリント(ONEPRINT)の口コミや評判

このページでは、ワンプリント(ONEPRINT)で名刺やチラシなどの印刷物を作成した人の口コミや評判の情報を紹介していきます。

 

ワンプリント(ONEPRINT)の良い口コミや評判

安いネットプリントを探していたらワンプリント(ONEPRINT)が見つかりました。ワンプリント(ONEPRINT)はモノクロ印刷の名刺であれば、何と500円以下で作成できますよ。私はIllustrator(イラストレーター)で作成した名刺データを持っていましたので、コンビニの複合機を使うよりもワンプリント(ONEPRINT)に依頼する方が便利です。

ワンプリント(ONEPRINT)は名刺だけではなく、チラシやポストカードも同時に作成できるので便利です。オンライン上で公式サイトにアクセスし、データ入稿するだけで印刷を依頼できます。どの印刷物も料金が安いので、今後もワンプリント(ONEPRINT)を利用するつもりです。

私はワンプリント(ONEPRINT)で作成できる特殊加工の名刺が気に入っています。箔押し名刺はフィルムを圧着しますので、見た目のデザインに加えて耐久性がアップするのが嬉しい!「お客様の手元に残る名刺が欲しい」と考えている方は、ワンプリント(ONEPRINT)で箔押し名刺を作ってみてはいかがでしょうか。
ワンプリント(ONEPRINT)は意外と用紙の種類が多かった!一般的な用紙だけじゃなくて、高級紙で印刷してデザインが映えるのは良いね。特殊加工の種類もそれなりに多いから、ワンプリント(ONEPRINT)なら希望の印刷物を手に入れられるんじゃないかな。

 

ワンプリント(ONEPRINT)の悪い口コミや評判

オリジナルのイラストを挿入したり企業ロゴを入れたりできるところが気に入っています。しかし、ワンプリント(ONEPRINT)は納期が遅い気がしました。コロナウイルスの影響もありますので仕方がありませんが、急いでいる方は即日印刷対応のサービスを利用した方が良いですね。

名刺のデータを持っていない方にワンプリント(ONEPRINT)は不向きです。できればオンライン上のデザインツールで名刺を編集できる機能が欲しいと思いました。

 

まとめ

以上のように、ワンプリント(ONEPRINT)のメリットやデメリット、名刺を作成した人の口コミや評判の情報をまとめました。

他の印刷会社と比較してみると、ワンプリント(ONEPRINT)の名刺作成料金は格安です。

高級紙で印刷したり特殊加工を施したりとデザインをアレンジできますので、ワンプリント(ONEPRINT)で素敵な名刺を作ってみてください。

よく読まれている記事

【おすすめ!】格安で名刺を作成する方法

格安で名刺を作成する方法をご紹介しています。名刺作成サービスのおすすめランキングもアリ。料金、納期、デザインなど、様々な基準で比較してみてください。 ...

-ネット