名刺を作成するまでの期間は?最短で当日の入手も可能!

2019/03/09

%e5%90%8d%e5%88%ba%e3%82%92%e4%bd%9c%e6%88%90%e3%81%99%e3%82%8b%e3%81%be%e3%81%a7%e3%81%ae%e6%9c%9f%e9%96%93%e3%81%af%ef%bc%9f%e6%9c%80%e7%9f%ad%e3%81%a7%e5%bd%93%e6%97%a5%e3%81%ae%e5%85%a5%e6%89%8b

名刺を作成して出来上がるまでの期間はどのくらい?

「専門の印刷会社に依頼すると、どのくらいの期間で名刺を作成できるの?」と疑問を抱えている方はいませんか?

名刺を切らしているビジネスマンの場合、少しでも早く仕上げて欲しいという気持ちがありますよね。

近年では名刺の印刷会社間での競争の激化により、短納期で作成できるサービスが増えました。

そのため、以前と比較してみると名刺を作成するまでの期間が短く、印刷会社に印刷を依頼して当日や翌日に入手できます。

しかし、名刺の作成方法によって出来上がるまでの期間には違いがありますので、詳しく見ていきましょう。

 

店頭での受け取りは当日入手可能

店頭での受け取り

名刺を作成するまでの期間を短くしたい方には、店頭での受け取りがおすすめです。

店頭での名刺の受け取りは、次の流れで当日に入手できます。

  1. インターネットや店頭でお好きなデザインを選んで名刺を作成する
  2. 配送ではなく店頭へと出向いて受け取りに行くと会社に伝える
  3. 数時間で印刷作業が終わるサービスもあり、受け取って完了

ネットや店頭で名刺の作成と印刷の両方を依頼できますので、「当日中に何とか印刷を仕上げて欲しい」「名刺を切らしてしまったから直ぐに欲しい」と考えているビジネスマンに適しています。

名刺交換の際に、「すいません、名刺を切らしてしまいました」と相手に伝えるのは気まずいですし、自分の評価が下がる大きな原因になりますので注意してください。

※持ち込みでの名刺作成は出来上がるまでの期間が短いので、詳細は下記のページでチェックしておきましょう。

 

持ち込みで名刺を作成する方法

 

店頭受け取りサービスを実施しているラクスル

ラクスル

店頭受け取りを考えている方は、当サイトでご紹介しているラクスルに名刺の作成と印刷を依頼してみましょう。

ラクスルではネット印刷だけではなく店頭受け取りサービスが実施されています。

下記の店舗であれば、当日に名刺を注文してその場で受け取ることが可能ですよ。

  • 秋葉原店:東京都千代田区外神田3-16-14
  • 新宿南口店:東京都新宿区西新宿3-1-4 第2佐山ビル1F
  • 渋谷青山通り店:東京都渋谷区渋谷1丁目1-3 第35荒井ビル1F・2F
  • 大手町店:東京都千代田区内神田2-2-6 田中ビル1F
  • 市ヶ谷店:東京都千代田区九段北3-2-5 九段北325ビル1F

大手町や市ヶ谷などビジネスマンが集まる場所にも実店舗を構えていますので便利ですし、100枚で1,500円、200枚で3,000円、300枚で4,500円というお手頃な料金で名刺を注文できます。

Illustrator(イラストレーター)やPhotoshop(フォトショップ)、PDFでデータを作成し、作成したデータを入稿して名刺を印刷してもらう流れです。

急いでいて当日に何とかして名刺を作成しないといけない方は、印刷会社のラクスルに依頼してみてください。

 

参考 ラクスルの公式サイト

 

ラクスルの基本情報・評判

 

配送の場合は即日出荷可能

配送

名刺をオンライン上で公式サイトから注文し、自宅に配送してもらう場合は即日出荷が可能です。

「名刺を注文する」⇒「即日で出荷される」⇒「地域によっては翌日に自宅に届く」という流れとなります。

お住まいの地域に実店舗がない場合はインターネットで名刺の作成と印刷の依頼をする形になりますので、クロネコヤマトなどの宅急便を使って届けてもらわないといけません。

注文した当日中に注文した名刺を受け取るのは難しくても、以下のように即日出荷サービスを行っているサービスはいくつもあります。

  • 全国どこでも送料や代引き手数料が無料となる「激安本舗名刺印刷.com」
  • キャンペーン中は20枚49円で名刺を作成できる「ライオン名刺」
  • ページ上で思い通りのデザインの名刺を作れる「スピード名刺館」
  • レイナRやアラベールなど特殊紙で印刷可能な「名刺専門店レイド」
  • スピード作成コースが選択できる「スピード名刺ドットコム」

これらの印刷会社を利用すれば、店頭での受け取りではなくお届けでも名刺を作成して印刷するまでの期間を短くできるのです。

ただし、あくまでも発送や出荷が当日というだけですので、オンライン上で注文して自宅に名刺が届くまでは1日~2日程度の期間がかかると心得ておきましょう。

印刷会社の公式サイトの説明文を見ればわかりますが、あくまでも最短で即日出荷という点は注意が必要ですね。

 

自宅のプリンタを使って印刷する

名刺の印刷

既にIllustrator(イラストレーター)で作成した名刺のデータを持っていて、プリンタを持っていれば自宅で印刷するのも選択肢の一つです。

名刺を印刷する用紙を文房具用品店やAmazonなどのネット通販で購入し、プリントアウトしてカットするだけで仕上げられます。

ただし、自宅で名刺を作成するに当たり、次の4つのデメリットがありますので注意しないといけません。

  • プリンタ本体を購入する必要がある(数万円の出費が発生する)
  • 専用のソフトを使って名刺データを作成する必要がある
  • 専門会社への依頼とは違い、キレイに印刷できない
  • プリントアウトした後に名刺のサイズにカットしないといけない

現在では無理にプリンタを購入しなくても格安の料金で印刷できるサービスが増えましたので、どちらが自分に合っているのか比較してみてください。

※名刺を自作するメリットとデメリットは、こちらのページでも解説しています。

 

自分でデザインして名刺を作成するメリットとデメリット

 

緊急で名刺を作成したい時はどうすれば良い?

緊急

営業活動で走り回っているビジネスマンは、次のようなトラブルや問題が起こる可能性があります。

  • 取り引き先の人と会うけれど名刺を切らして困っている
  • 自宅やオフィスにプリンタがないから印刷できない
  • 名刺ケースごとどこかに落としてなくしてしまった

取引先やお客様と会う前に名刺がないことに気付き、「ヤバい・・・」「どうしよう・・・」と焦った経験を持つ方は意外と多いのではないでしょうか。

もし緊急で名刺を作成して欲しいのであれば、名刺の1時間仕上げが可能なキンコーズの利用をおすすめします。

 

キンコーズ

 

キンコーズは名刺やチラシ、ポスターやカードといった印刷物を作成できる印刷会社として有名で、ありとあらゆる場所に店舗を構えています。

緊急を要する際には名刺コピーがピッタリで、以下の流れで1時間で仕上げてくれるのが魅力的ですね。

  1. キンコーズの店舗に足を運んで1枚の名刺を店員さんに預ける
  2. スキャニングして色調の最適化を行う
  3. 無駄なく面付けされたプリントを専用の機械を使ってカットする
  4. 既存の名刺と遜色ないクオリティで何枚でもコピーできる

フルカラーの名刺を1時間でコピーするに当たり、20枚で1,400円、50枚で2,000円、100枚で2,800円、200枚で4,300円という料金設定になっています。

コストパフォーマンスはそこまで悪くありませんし、何よりもスピード仕上げしてくれるのが大きなメリットです。

もちろん、仕上がり時間は店舗の状況によって異なりますので、必ずしも1時間で作成できるわけではありません。

それに加えて、原稿のレイアウト内容によっては名刺の中に入っているロゴやイラストが薄く恐れがあります。

その代わりに緊急を要する際に便利なシステムですので、お近くにキンコーズの店舗があれば一度訪れてみてください。

 

まとめ

名刺を作成できるまでの期間は、店頭での注文と配送によって変わります。

しかし、現在では様々な印刷会社やサービスで短納期で仕上げてくれますので、最短で当日入手が可能ですよ。

「今日中に名刺を手に入れないとヤバい・・・」といったビジネスマンのサポートもしてくれますので、実店舗の印刷会社に足を運んでみてください。

よく読まれている記事

【おすすめ!】格安で名刺を作成する方法

格安で名刺を作成する方法をご紹介しています。名刺作成サービスのおすすめランキングもアリ。料金、納期、デザインなど、様々な基準で比較してみてください。 ...

-基礎知識