ライターの名刺を作成する際の3つのコツとおすすめのサービス3選!

2020/02/03

ライターに名刺が必要な理由!

%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%81%ae%e5%90%8d%e5%88%ba%e4%bd%9c%e6%88%90

ライターとはWebや書籍に掲載する記事を書く人のことで、下記のように様々な種類にわかれています。

ライターの種類 大まかな仕事内容
コピーライター 読む人のハートをキャッチする広告文を書く
セールスライター 商品やサービスを売るセールス文を書く
WEB(ブログ)ライター アフィリエイトブログや企業のコンテンツ記事を書く
取材ライター 現地に出向いて紹介記事や取材記事を書く

どの職種や業種のライターでも、フリーランスとして働いているのであれば自分から積極的に仕事を獲得しないといけません。

自ら仕事を獲得するための重要なアイテムが名刺!

自分をアピールしたり売り込んだりするに当たり、営業マンと同じようにライターにも名刺が必要ですよ。

※フリーランスが名刺を作成した方が良い理由はこちら!

個人事業主やフリーランスの名刺作成で押さえておきたいコツとおすすめのサービス

他の職業と比較してみると、ライターは「難しい資格や検定はなし」「専門学校も皆無」「会社員よりもフリーが多い」と特殊な仕事です。

だからこそ他者と差別化を図ってライターとして活躍するために、忘れずにビジネスで使う名刺を作成しておきましょう。

 

ライターの名刺を作成する際に押さえておきたい3つのコツ!

ライターの名刺を作成するに当たり、上記の3つのコツは是非とも押さえておきたいポイントです。

魅力的な名刺を作成できるのかどうかで、ライターの仕事を獲得できるか決まりますね。

「どうやって名刺を作れば良いの?」と迷っているライターは、こちらのページを参考にしてみてください。

 

連絡先を必ず載せる

連絡先

フリーライターは仕事の依頼を受けるために、名刺の中に欠かさずに連絡先を載せないといけません。

誰かと名刺交換をしても、自分の連絡先が入っていなければ名刺としての意味が全くないですよね。

ただ電話番号やメールアドレスを載せるだけではなく、押さえておきたい点がいくつかありますので見ていきましょう。

  • 電話番号はオフィスや家電がなくても携帯電話だけでも良い
  • メールアドレスはフリーメールよりも独自ドメインの方が信用が上がる
  • 自宅の住所を載せたくない人はバーチャルオフィスを利用する

名刺の中に入っている連絡先が携帯電話の番号だけで、住所もメールアドレスもない人に仕事を依頼するのは不安になります。

クライアント企業や取材先担当者によっては、該当エリアに近いライターを獲得することもありますので、なるべく住所を記載すべきです。

名刺の中に住所が入っていれば、大よその活動範囲を相手に示すことができます。

どうしても自宅の住所を名刺の中に載せることに抵抗がある人は、上記で説明したようにバーチャルオフィスを利用しましょう。

※名刺の作成で住所を載せるべきなのか迷っている方は、こちらのページをご覧になってください。

住所を載せて名刺を作成すべき?載せたくない時の対処法

 

名刺の作り方一つで信用力が変わるケースも決して珍しくありませんので、フリーライターさんは名刺の連絡先の載せ方にも気を配りましょう。

 

自分の得意分野の肩書きを設定する

肩書き

フリーライターにおすすめの肩書き設定!
  • Webライティングなら私におまかせウェブライター
  • ブログの執筆であなたに情報を与えるブロガー
  • あなたのサービスの魅力を伝えるコピーライター
  • フリーとして独立したジャーナリスト
  • 現場の事実のみを伝えるルポライター
  • ありのままをお伝えするノンフィクションライター
  • シナリオ担当ならわたしにお任せシナリオライター
  • あなたの代わりに代筆するゴーストライター

ただライターであることを伝えても、「どんな文章を書くのか?」「どんなジャンルを得意とするのか?」といった情報はわかりません。

かといって自分の書いた完璧な文章を名刺の裏面にズラズラと記載しても見にくくなりますので、上記のように得意分野の肩書きを設定した名刺を作成する方法がおすすめ!

ウェブメディアが爆発的に増えてきたのに伴い、ライターの種類も一昔前と比べてかなり増えました。

パっと見た時に何をしているのかわかるような肩書きを設定していれば、「○○○のような仕事をしているのか~」と名刺を渡された相手は判断できます。

原稿料で生きていくライターにしても広告料で稼ぐブロガーにしても、自分にマッチする肩書きを考えてみてください。

※ブロガーの名刺を作成するコツやおすすめのサービスは、こちらのページで解説しています。

ブロガーの名刺を作成するコツとおすすめのサービス3選!

 

洗練されたデザインの名刺を作成する

名刺のデザイン

ライターに限った話ではありませんが、名刺交換の際の印象を良くするために洗練されたデザインの名刺を作成するのは基本です。

例えば、名刺交換の際に相手から次の名刺を渡されたらどう思うでしょうか?

  • 文字が斜めになっている名刺
  • インクが滲んで汚れている名刺
  • インパクトに乏しいデザインの名刺
  • 折れ曲がっていてみすぼらしい名刺

シンプルなデザインの名刺は場合によっては良い印象を与えることができますが、汚れていたり文字が斜めっていたりすれば確実にイメージが悪くなりますよ。

「このライターさんには仕事を依頼しない方が良いかも・・・」と思われる可能性が高いので、名刺は記載する内容だけではなく全体的なデザインも大事です。

自分がもらった時にどう思うのか考えて、見やすいデザインや洗練されたデザインの名刺を作成してみましょう。

 

ライターの名刺作成におすすめのサービス3選!

印刷会社 Vistaprint リキッドエナジーインク DESIGNSTOCK
100枚の名刺作成費用 980円~ 11,000円~ 9,980円~
印刷用紙の種類 4種類 17種類 不明
テンプレートの数 ★★★★★ ★★★★☆ ★★★★☆
総合評価 ★★★★★ ★★★★☆ ★★★☆☆

ライターの名刺を作成したい方には、上記の3つの印刷会社がおすすめ!

自分でフリーソフトを使って名刺を作成するよりも、プロに依頼した方がキレイなデザインの名刺に仕上げてくれます。

依頼する印刷会社で名刺のデザインや印刷の料金には違いがありますので、選び方で迷っているライターさんはこちらのページを参考にしてみてください。

 

Vistaprint(ビスタプリント)

Vistaprint(ビスタプリント)

「自分で一から名刺のデザインを考案するのは面倒だな~」と感じているライターは、高品質なフルカラーの印刷で仕上げてくれるVistaprint(ビスタプリント)を利用しましょう。

Vistaprint(ビスタプリント)は5,000種類を超えるバラエティ豊富なデザインの中からテンプレートを選び、Web上で作成して印刷を依頼するだけで名刺を届けてくれますよ。

Vistaprint(ビスタプリント)では下記のように、ライターの名刺にピッタリのデザインテンプレートが多いのが魅力的!

 

一目でライターとわかるデザイン

ライターの名刺デザイン

 

写真を載せて印象付けられるデザイン

ライターの名刺デザイン

 

グルメ系ライターにピッタリのデザイン

ライターの名刺デザイン

 

シンプルながらもインパクトが強いデザイン

ライターの名刺デザイン

 

どれも見やすいデザインテンプレートばかりですので、Vistaprint(ビスタプリント)でフリーライターの名刺を作成してみてください。

 

参考 Vistaprint(ビスタプリント)の公式サイト

 

Vistaprint(ビスタプリント)の基本情報・口コミの評判まとめ!

 

LIQUID ENERGY INK(リキッドエナジーインク)

LIQUID ENERGY INK(リキッドエナジーインク)

LIQUID ENERGY INK(リキッドエナジーインク)は、ネット通販で名刺を簡単に作成できるサービスです。

LIQUID ENERGY INK(リキッドエナジーインク)では、印象深いオレンジのペンをモチーフにしたライターや編集者向けのデザインテンプレートが用意されています。

ライターの名刺

シンプルな背景やイラストながらも、「自分はライターです!」とアピールできる名刺です。

カラーやフォント、レイアウトは個人の希望に合わせてカスタマイズできますので、LIQUID ENERGY INK(リキッドエナジーインク)でライター名刺を作成してみましょう。

 

参考 LIQUID ENERGY INK(リキッドエナジーインク)の公式サイト

 

DESIGNSTOCK(デザインストック)

DESIGNSTOCK(デザインストック)

DESIGNSTOCK(デザインストック)は、プロのデザイナーやイラストレーターに名刺の作成を依頼できるサービスです。

センスと遊び心が溢れる一枚を作成できますので、ライターの名刺にも適しています。

以下では、DESIGNSTOCK(デザインストック)で名刺を注文する流れをまとめてみました。

  1. 希望の商品ページから名刺のデザインや枚数、用紙を選択する
  2. 名刺の注文内容と印刷内容の確認をメールで行う
  3. レイアウトが決定したら印刷の工程に入る
  4. 一定の納期の後に自宅に印刷された名刺が届く

手軽にクオリティの高いライター名刺を作成できますので、詳細はDESIGNSTOCK(デザインストック)の公式サイトをご覧になってください。

 

参考 DESIGNSTOCK(デザインストック)の公式サイト

 

まとめ

フリーランスとして働いているライターさんは、自分をアピールする名刺を作成すべきです。

連絡先や肩書きを忘れずに記載したり、シンプルで見やすいデザインを選んだりして拘りの名刺を作成すれば、日々の業務で役立てることができます。

「どの印刷会社に依頼すれば良いの?」と悩んでいる方は、Vistaprint(ビスタプリント)やLIQUID ENERGY INK(リキッドエナジーインク)といったサービスでライター名刺を作成してみてください。

よく読まれている記事

【おすすめ!】格安で名刺を作成する方法

格安で名刺を作成する方法をご紹介しています。名刺作成サービスのおすすめランキングもアリ。料金、納期、デザインなど、様々な基準で比較してみてください。 ...

-業種・職業