【裏面は使える?】両面の名刺を作成するメリットとおすすめのサービス5選!

【裏面は使える?】両面の名刺を作成するメリットとおすすめのサービス5選!

公開日:2016年10月15日


両面の名刺を作成する3つのメリット!裏面を使っても良いの?

%e4%b8%a1%e9%9d%a2%e3%81%ae%e5%90%8d%e5%88%ba%e3%82%92%e4%bd%9c%e6%88%90%e3%81%a7%e3%81%8d%e3%82%8b%ef%bc%9f%e8%a3%8f%e9%9d%a2%e3%82%92%e4%bd%bf%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%82%82%e8%89%af%e3%81%84%ef%bc%9f

両面の名刺を作成する3つのメリット!
  • 表面と裏面の両方を使えるので単純に掲載できるデータが増える
  • 表面はフルカラー、裏面は白黒など自由にアレンジできる
  • 他者とは違ったインパクトのある名刺を作成できる

名刺の作成方法は明確に決められているわけではなく、個人の目的に合わせて自由に変えられます。

近年では表面だけではなく、裏面を使った両面の名刺を作成している方が増えました。

片面だけ印刷する名刺とは違い、両面の名刺を作成するメリットは上記の3つ!

掲載できる情報量が増えれば、名刺交換の際に相手に自分を効率良くアピールできますよ。

日本では55㎜×91㎜のサイズの名刺を使用するのが一般的で、名前や連絡先などの情報を入れると余白部分は足りません。

しかし、裏面を使った両面の名刺を作成すれば他の情報も簡単に加えられます。

「名刺を使って自分をアピールしたい!」「名刺で自分のことをより知ってもらいたい」と考えている方は、両面名刺を作成してみてはどうでしょうか。

 

裏面を使った両面名刺の作成で押さえておきたい3つのポイント!

単純に両面の名刺を作成するだけで、インパクトがアップしたり仕事を獲得したりできるわけではありません。

魅力的なツールに仕上げるには上記の3つのポイントを押さえておく必要がありますので、両面名刺の作成が初めての方は参考にしてみてください。

 

1:自分を売り込むきっかけを作ってアピールする!

自分を売り込む

両面の名刺は情報量が多いので、自分を売り込むきっかけを作ることができます。

自分の望むイメージやメッセージを相手に伝えるセルフプロモーションが可能で、表面の名刺よりも裏面も使った名刺の方が効果的ですね。

両面名刺で販促活動に繋げられる事例も多いので、具体的にどのような情報を記載してアピールすべきなのか見ていきましょう。

両面名刺の中に記載すべき情報!
会計事務所の公認会計士の名刺 多額のお金を取り扱うからこそ事業理念や沿革を書く
派遣会社の営業マンの名刺 本社の所在地を記載して潜在的な需要を引き出す
WEBサービスの社員の名刺 サービスの詳細やメリットを書く(QRコード入りの名刺)
デザイナーの名刺 自分が制作に携わったデザインを載せてセンスをアピールする
一般社団法人の会員の名刺 団体の理念やキャッチフレーズを掲げる
保険販売スタッフの名刺 商品やサービスをわかりやすくシンプルにまとめる

名刺の中に記載する情報量が多ければ多いほど良いわけではありません。

しかし、名前や連絡先だけの名刺に魅力を感じる人は少ないので、「もっと自分のことを知ってほしい」という思いを込めて両面の名刺を作成すべき!

片面の名刺でたくさんの情報量を盛り込むと次の弊害あり…。

  1. 全ての情報を表面だけに突っ込む
  2. 文字のピクセルが小さくなりすぎる
  3. 余白部分も少なくなって読みづらくなる
  4. 名刺を貰った相手は違和感を抱く

余裕を持たせたスッキリのデザインにするためにも、裏面を活用した方が良い理由はおわかり頂けるのではないでしょうか。

2:最寄駅からお店やショップまでの地図データを載せる!

地図のイラスト

地図を作成できるアプリやツール サービスの大まかな特徴
0円のマップ屋さん
グーグルマップで簡単に作れる
窓の杜ライブラリ
目印のアイコンを並べて作成できる
Inkscape
フリーソフトとは思えない優良な機能が揃っている

上記の3つのサービスは、オンライン上で簡単に地図情報を作成できるアプリやツールです。

お店やショップに勤めている方は、名刺の裏面に最寄駅からの地図データを載せて両面の名刺を作成するのが実に効果的!

最寄駅からお店があまりにも遠い場合、「ネットで調べたけど、どこにあるのかわからない」と迷ってしまう方は少なくありません。

スマホのGPS機能で簡単に検索できたとしても、その人にとっては面倒な作業ですので大まかな地図データだけでも載せてあげるのが親切ですよ。

飲食店の名刺だけではなく、駅から離れた場所に位置していることの多いリラクゼーションサロンやエステサロンの名刺も両面で作成するのが良いでしょう。

地図データを作成して裏面に貼り付けるだけですので、皆さんが想像している以上に作り方は簡単です。

※地図入り名刺の作成で押さえておきたいポイントは、こちらのページで解説しています。

地図入りの名刺を作成する3つのメリットとおすすめのサービス3選!【無料あり】

3:ショップを経営している方はお得な情報を載せる!

お得な情報

営業マンの名刺では難しいものの、お店の名刺やショップカードであればお得な情報を載せるのも両面の名刺を作成する上でのコツです。

次の情報が名刺の中に入っていれば、「また行きたい」「またこのお店を利用したい」とお客さんは思ってくれます。

  • 割引チケットやクーポン
  • 料金が安くなるキャンペーン
  • ポイントを集めて貰える特典

表面には連絡先などの必要情報を表記し、裏面で割引チケットやクーポンの使い方や有効期限に関する説明をしてみてください。

 

両面の名刺作成におすすめのサービス5選!

印刷会社 名刺作成料金 印刷用紙 デザインの種類 総合評価
Vistaprint(ビスタプリント)
100枚で1,628円~ 4種類 ★★★★★ ★★★★★
ラクスル
100枚で499円~ 7種類 ★★★☆☆ ★★★★☆
アドプリント
100枚で470円~ 34種類 ★★☆☆☆ ★★★★☆
名刺本舗
100枚で820円~ 46種類 ★★☆☆☆ ★★★☆☆
デザイン名刺.net
100枚で1,320円~ 22種類 ★★★★☆ ★★★☆☆

基本的にどの印刷会社やサービスでも、表面と裏面を活用した両面の名刺を作成できます。

「印刷会社の数が多すぎる…」と迷っている方には、上記の5つのサービスがおすすめ!

自作で両面の名刺を作成したり印刷したりするのは面倒ですので、専門の印刷会社を利用しましょう。

 

1位:Vistaprint(ビスタプリント)

Vistaprint(ビスタプリント)

一般的な印刷会社は、片面の名刺よりも両面の名刺の方が料金が高くなります。

しかし、Vistaprint(ビスタプリント)は片面でも両面でも100枚の名刺が送料無料の1,628円~と格安!

コストを抑えて情報量の多い両面の名刺を作成できますので、Vistaprint(ビスタプリント)は高い評判を獲得しています。

Vistaprint(ビスタプリント)の両面名刺の作り方は下記の通りとても簡単です。

  1. Vistaprint(ビスタプリント)の公式サイトにアクセスする
  2. 5,000種類以上の中から自分の好きなデザインを選ぶ
  3. 文字のサイズやカラー、配置を自由に編集する
  4. 「裏面のデザイン」をクリックし、載せたい情報を編集する
  5. お好みの枚数の名刺を注文すれば完了!

オンライン上で簡単に名刺を編集できるサービスは限られていますので、是非一度Vistaprint(ビスタプリント)を利用してみてください。

【口コミや評判は?】Vistaprint(ビスタプリント)のメリット9つとデメリット4つを徹底解説!

2位:ラクスル

ラクスル

ラクスルもネット通販の名刺作成サービスで、コストを抑えて両面名刺を作成できます。

以下では、ラクスルの片面カラーと両面カラーの名刺で値段にどの程度の差があるのかまとめてみました。

ラクスルの片面カラー名刺と両面カラー名刺の料金!
片面カラー名刺 受付日から3営業日後のお届けで100枚590円~、200枚で1,015円~
両面カラー名刺 受付日から3営業日後のお届けで100枚499円~、200枚で946円~

片面カラー名刺よりも両面カラー名刺の方が安い料金で作成できますよ。

名刺の作成方法はデータ入稿とデザイン編集の両方から選べますので、ラクスルで両面カラー名刺を注文してみましょう。

 

参考 ラクスルの公式サイト

 

【口コミや評判は?】ラクスルで名刺を作成するメリット8つとデメリット4つを徹底解説!

3位:ADPRINT(アドプリント)

アドプリント

ADPRINT(アドプリント)は、「会員数30万名突破」「名刺毎月600万枚以上出荷」と確かな実績を残している印刷会社です。

アドプリントでは片面モノクロや片面カラーの名刺だけではなく、両面印刷の名刺も作成できますよ。

Illustrator(イラストレーター)のデータさえ持っていれば、アドプリントにデータ入稿してすぐに印刷OKです。

ネット通販の中でも短納期を心掛けていますので、「なるべく早く名刺を印刷して欲しいな~」と考えているビジネスマンにも向いています。

高級紙質名刺や二つ折り名刺を作成することもできますので、サービスの詳細はアドプリントの公式サイトで確認してみてください。

 

参考 アドプリントの公式サイト

 

4位:名刺本舗

名刺本舗

名刺本舗は、会社向けの名刺印刷専門ショップです。

「名刺って長方形のサイズが一般的でしょ?」とイメージしている方はいませんか?

しかし、名刺本舗では次の5種類のサイズから選んで両面デザインの名刺を作成できます。

名刺の種類 名刺のサイズ 両面名刺の印刷料金
標準サイズ名刺 91㎜×55㎜ 両面モノクロ100枚:1,430円
両面カラー100枚:2,760円
クレジットカードサイズ 85㎜×54㎜ 両面モノクロ100枚:1,940円
両面カラー100枚:3,270円
欧米サイズ名刺 89㎜×51㎜ 両面モノクロ100枚:1,940円
両面カラー100枚:3,270円
変形サイズ名刺 91㎜×55㎜以内 両面モノクロ100枚:1,940円
両面カラー100枚:3,270円
2つ折りサイズ名刺 182㎜×55㎜/170㎜×54㎜ 両面モノクロ100枚:2,150円
両面カラー100枚:2,660円

印刷用紙やオプション加工も豊富ですので、名刺本舗なら自分好みのデザインの名刺に仕上げられるでしょう。

 

参考 名刺本舗の公式サイト

 

5位:デザイン名刺.net(ケイワンプリント)

デザイン名刺.net(ケイワンプリント)

デザイン名刺.net(ケイワンプリント)は、プロのデザイナーによる手作り名刺を作成できるサービスです。

ネットでの注文に加えて、新宿区の店舗に足を運んで直接受け取ることもできます。

デザイン名刺.net(ケイワンプリント)で選択できる名刺の裏面デザインは下記のように豊富です。

 

英文表記モノクロ

英文表記モノクロ

 

英文表記カラー

英文表記カラー

 

支店・営業所名

支店・営業所名

 

業務内容

業務内容

 

学歴・資格

学歴・資格

 

両面の英文表記名刺やショップカードが欲しい方は、デザイン名刺.net(ケイワンプリント)にお願いしてみてください。

 

参考 デザイン名刺.net(ケイワンプリント)の公式サイト

 

【口コミや評判は?】デザイン名刺.netのメリット6つとデメリット4つを徹底解説!

 

まとめ

以上のように、表面と裏面の両方を使った両面名刺のメリットについておわかり頂けたのではないでしょうか。

たくさんの情報を表面と裏面に盛り込み、魅力的な名刺に仕上げることができます。

専門の印刷会社に依頼すれば簡単に作成できますので、Vistaprint(ビスタプリント)やラクスルを利用してみてください。

-名刺作成サービスの選び方