マツダプリントで名刺作成!5つのメリットや口コミの評判まとめ!

公開日:

マツダプリントの基本情報

マツダプリント

マツダプリントの基本情報
名刺100枚の料金 1,900円~
名刺200枚の料金 2,000円~
名刺1,000枚の料金 3,000円~
送料 1ヵ所につき1,000円
納期 数営業日
デザインテンプレートの数 ★☆☆☆☆
加工オプション ・角丸加工
・ミシン入れ加工
・穴あけ加工
・ナンバリング印刷
・ラミネート加工
・型抜き印刷
取り扱い用紙 ・コート紙
・アート紙
・ニューエイジ
・シルバーダイヤ
・マットアート紙
・アートポスト
・マットポスト
・エスプリコートFP
・帝王マット
・上質紙
・再生コート紙
・ジェントルNフェイス
・リサイクルマット
・テレネッサマットR100
・スノーフィールド
・マーメイドスノーホワイト
・アラベールスノーホワイト
・ジェントルNフェイス
・グラフィーエコR100
・レイクパピルス
データ入稿 Illustrator(イラストレーター)
名刺以外の印刷物 ・ポストカード
・オリジナル紙うちわ
・アクリルグッズ
・シール
・ステッカー
おすすめ度 ★★☆☆☆

マツダプリントは名刺やショップカード、シールやレーベルを印刷できる印刷会社です。

Illustrator(イラストレーター)のデータを入稿し、名刺の作成を依頼する形になりますね。

「古くから印刷業務を行っているネット印刷サービスに名刺の作成を依頼したい」という方にマツダプリントはおすすめ!

この記事ではマツダプリントで名刺を作成するメリットやデメリット、利用者の口コミや評判の情報をまとめました。

 

マツダプリントで名刺を作成する5つのメリット!

マツダプリントで名刺を作成するに当たり、上記の5つのメリットがあります。

用紙に拘ったり特殊な加工を施したりして、素敵な1枚の名刺やショップカードに仕上げてくれるわけです。

印刷会社の選び方で迷っている方は、マツダプリントの良い部分をチェックしておきましょう。

 

1:自由なサイズで名刺を作成できる!

多くの印刷会社では、91㎜×55㎜のサイズの名刺しか作成できません。

※名刺の大きさやサイズについてはこちら!

名刺の大きさやサイズは?規格サイズで作成しないとダメ?

しかし、マツダプリントでは40㎜×40㎜~55㎜×91㎜の範囲内で自由なサイズで名刺を作成できますよ。

変形サイズで名刺を作成できる点については、マツダプリントの公式サイトでも記載されていました。

マツダプリントの変形サイズの名刺

少し違ったサイズの名刺を作成してアピールしたい方は、印刷会社のマツダプリントにお願いしてみてください。

 

2:名刺の印刷は25枚~と少量からOK!

横にスクロールできます。

名刺の枚数 片面Bk1色名刺 両面Bk1色名刺 片面カラー名刺 カラー/Bk1色名刺 両面カラー名刺
25枚の印刷 1,800円~ 2,000円~ 2,300円~ 2,600円~ 3,100円~
50枚の印刷 1,800円~ 2,000円~ 2,400円~ 2,700円~ 3,200円~
100枚の印刷 1,900円~ 2,200円~ 2,500円~ 2,900円~ 3,400円~
150枚の印刷 2,000円~ 2,300円~ 2,700円~ 3,100円~ 3,600円~
200枚の印刷 2,000円~ 2,400円~ 2,800円~ 3,300円~ 3,900円~

 

上記の表を見ればわかる通り、マツダプリントは25枚や50枚など少量の名刺印刷に対応!

「名刺は欲しいけど100枚も要らないな~」という方に向いています。

※少量の名刺を作成できるサービスはこちら!

【10枚や20枚もOK!】少量の名刺を作成する3つのメリットとおすすめのサービス4選!

自分が欲しい枚数だけ注文して印刷を依頼できるのはマツダプリントの大きな強みですね。

しかし、マツダプリントは25枚の名刺作成も100枚の名刺作成も料金にはあまり違いがありません。

少量の印刷だと名刺1枚当たりの単価が割高になりますので、注文する際は十分に注意してください。

※名刺1枚当たりの単価については下記のページで解説しています。

名刺は1枚から作成できる?単価は高くなる?

3:幅広い用紙から選んで印刷できる!

マツダプリントの用紙

用紙の種類 用紙の厚み 大まかな特徴
コート紙 90/110/135kg チラシで使われるカラー印刷で一般的な用紙
アート紙 110/135kg 塗工量が多く平滑で強い光沢を持つ高級紙
ニューエイジ 90/110/135kg 優れた文字の可読性や書き込み性を持つ
シルバーダイヤ 90/110/135kg マット調の落ち着いた雰囲気になる用紙
マットアート紙 90/110/135kg 高品質なマット系スーパーアート紙の代名詞
アートポスト 180/220kg 表面と裏面の両方にコートしてある用紙
マットポスト 180/220kg 高級カタログや名刺に使われるスーパーアート紙
エスプリコートFP 180㎏ 幅広い用途の上質ベースのキャストコート紙
帝王マット 220㎏ インキがのった部分が沈んだ仕上がりになる用紙
上質紙 110/135/180kg 上品な風合いと見た目の鮮やかな白さの用紙
再生コート紙 110/135kg 古紙配合率100%の再生紙でR100マークの掲載OK
ジェントルNフェイス 180㎏ やや生成の古紙配合率100%の再生紙
リサイクルマット 110/135kg R100マークを掲載できる古紙配合率100%の再生紙
テレネッサマットR100 180㎏ インキののりや発色の良い再生マット紙
スノーフィールド 130㎏ 表面に柔らかい光沢を持つ特殊な用紙
マーメイドスノーホワイト 135/160kg キャンバスの様に表面が凸凹している用紙
アラベールスノーホワイト 110/200kg ECF100%の非塗工の高級印刷用紙
ジェントルNフェイス 180㎏ やや生成の古紙配合率100%の再生紙
グラフィーエコR100 130㎏ 表面に風合いがあり温かい雰囲気を持つ特殊紙
レイクパピルス 135㎏ 琵琶湖の葦から作られた非木材紙

マツダプリントでは、上記の用紙を使って名刺やチラシなどの印刷物を作成できます。

一般的な用紙に加えて、高級紙や特殊紙で印刷できるのはマツダプリントの大きなメリット!

名刺は見た目のデザインだけではなく、印刷用紙を変えるだけでもイメージが変わりますよ。

どの用紙が自分に合うのか、マツダプリントの公式サイトの用紙一覧ページをご覧になってください。

参考 マツダプリントで取り扱っている印刷用紙一覧

 

4:特殊な加工を施してインパクトをアップできる!

マツダプリントの特殊加工
角丸加工 名刺の4つの角を丸くして柔らかい印象を与える
ミシン入れ加工 印刷物にミシン目を入れて切り取りやすくする
穴あけ加工 印刷物に穴をあけてバインダーのように使う
ナンバリング印刷 印刷物に番号や連番を印字する
ラミネート加工 名刺のコーティングで耐久性や耐水性を高める
型抜き印刷 印刷物を自由な形にカットして切り抜く

「今の名刺はインパクトが足りないな~」と悩んでいる方はいませんか?

マツダプリントは上記を中心に、特殊な加工を施して名刺を作成できます。

普通に印刷するのとは違い、角丸加工やラミネート加工を施せば見た目のインパクトは大きくアップするでしょう。

※角丸加工やラミネート加工で名刺を作成するメリットはこちら!

角丸加工で名刺を作成する3つのメリットとおすすめのサービス3選!

ラミネート加工による名刺作成のメリット・デメリット!おすすめのサービス3選は?

名刺交換で自分を印象付けるには、マツダプリントの特殊加工がおすすめです。

 

5:名刺以外にも取り扱っている印刷物が多い!

マツダプリントの印刷物

マツダプリントでは名刺だけではなく、次の印刷物も取り扱っています。

  • 好きな形に切り抜いたPR効果抜群の「オリジナル紙うちわ」
  • 色上質紙やレザックを使って印刷する「ポストカード」
  • オリジナルで名入れもできる「アクリルグッズ」
  • 印刷バリエーションが豊富な「CDやDVDのジャケット」
  • ランダムIDもお任せで印刷できる「バリアブル印刷」
  • 様々な機能性素材に対応している「シールやステッカー」

あらゆるビジネスグッズの作成を依頼できるのはマツダプリントの大きなメリット!

全ての印刷物はなるべく短納期で納品してくれますので、マツダプリントの公式サイトで欲しいグッズを探してみてください。

参考 マツダプリントの公式サイト

 

マツダプリントで名刺を作成する3つのデメリット…

他の印刷会社と比較してみると、マツダプリントで名刺を作成するに当たって上記の3つのデメリットあり…。

マツダプリントに依頼して名刺を注文する前に、良くない部分をしっかりと確認しておきましょう。

 

1:名刺1枚当たりの印刷料金が高い…

カラー名刺の枚数 マツダプリント ビスタプリント
100枚の印刷 2,500円~ 980円~
200枚の印刷 2,800円~ 1,480円~
300枚の印刷 3,100円~ 1,980円~
500枚の印刷 3,700円~ 2,980円~

上記では、Vistaprint(ビスタプリント)とマツダプリントを名刺作成の料金で比較してみました。

マツダプリントは様々な加工で名刺を作成できる代わりに、名刺1枚当たりの印刷料金が高いのがデメリット…。

マツダプリントでカラー名刺100枚を作ると2,500円~なのに対して、Vistaprint(ビスタプリント)は980円で済ませられますよ。

名刺を消費する枚数の多いビジネスマンは、ネット印刷のVistaprint(ビスタプリント)に依頼すべきです。

 

参考 Vistaprint(ビスタプリント)の公式サイト

 

【口コミや評判は?】Vistaprint(ビスタプリント)のメリット9つとデメリット4つを徹底解説!

 

2:Web上で名刺をデザインして作成できない…

マツダプリントはデータ入稿専門店ですので、Web上で名刺をデザインして作成することはできません。

※名刺の作成でデータ入稿する際に押さえておきたいポイントはこちら!

名刺の作成でデータ入稿する際に押さえておきたい5つのポイント!

一方で上記の項目で紹介したVistaprint(ビスタプリント)は、オンライン上で名刺のデザインを編集できます。

名刺作成の手軽さで比較してみると、マツダプリントよりもVistaprint(ビスタプリント)に軍配が上がるでしょう。

 

3:公式サイトでの注文方法がわかりにくい…

マツダプリントは、公式サイトでの印刷物の注文方法がわかりにくいのがデメリットです。

トップページを見てみるとわかりますが、文字が小さくてかなりゴチャゴチャとしていますね。

「名刺の説明がどこにあるのか?」「注文する場所がどこにあるのか?」といった点をひと目で把握することはできません。

マツダプリントは公式サイトのユーザービリティがかなり悪いと心得ておきましょう。

 

マツダプリントの口コミや評判はどう?

マツダプリントの口コミや評判

このページでは、マツダプリントで名刺などの印刷物を作成した人の口コミや評判の情報を紹介していきます。

 

マツダプリントの良い口コミや評判

ビジネス名刺が欲しかったのでマツダプリントに依頼しました。データ入稿で名刺を作成する形になりますが、他の印刷会社よりも納期が早かったので満足しています。すぐに名刺を届けて欲しいならマツダプリントがおすすめです。

私はマツダプリントでシールやラベルを注文しました。思っていた以上にクオリティが高かったので、マツダプリントに依頼して良かったです。今度は名刺の作成で利用しようと考えていますので、どうかよろしくお願いします。

マツダプリントは印刷のバリエーションが豊富で、キレイな印刷をしてくれます。実際にIllustrator(イラストレーター)で作成したデータを入稿して名刺を注文したところ、鮮やかなデザインで仕上げてくれました。写真やイラストの解像度もかなり高かったので、ネット印刷の選び方で迷っているならマツダプリントに依頼してみてはいかがでしょうか。

オンライン上でデザインできないのはちょっと残念ですが、マツダプリントは特殊な加工で名刺やショップカードを作成できます。ラミネート加工で依頼してみたところ、表面の光沢や耐久性がアップして魅力的なデザインになりました。特殊加工の料金も比較的安いので、また機会があればマツダプリントでリピートします。

 

マツダプリントの悪い口コミや評判

他の印刷会社と比較してみると、マツダプリントは印刷料金の高さが気になります。1,000枚や2,000枚の大ロットの注文だとかなり単価が安くなりますが、100枚の名刺の印刷は割高ですね。探せばマツダプリントよりもコストを抑えて名刺を作成できるところはありますよ。
特殊な用紙で名刺を作成してみたところ、イメージしていた仕上がりとは全く違いました。もっと用紙のことを調べてから注文すれば良かったな~と後悔しています。

 

まとめ

マツダプリントで名刺を作成するメリットやデメリット、実際に利用したユーザーの口コミや評判についておわかり頂けましたか?

少量の名刺を作成したい方や特殊な加工で仕上げてもらいたい方にマツダプリントはおすすめ!

名刺以外の印刷物も幅広く取り扱っていますので、是非一度マツダプリントに依頼してみてください。

よく読まれている記事

【おすすめ!】格安で名刺を作成する方法

格安で名刺を作成する方法をご紹介しています。名刺作成サービスのおすすめランキングもアリ。料金、納期、デザインなど、様々な基準で比較してみてください。 ...

-ネット